フォトギャラリー - 写真・図版 | AERA「U25」|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

AERA「U25」

このエントリーをはてなブックマークに追加

島を想う異端の「姫君」
アーティスト/小豆島地域おこし協力隊員
岡村美紀
1990年9月27日生まれ

 グロテスクな生物の器官か、はたまたマグマが生み出した大自然の奇景か。原始的な生命のエネルギーを具現化したような、摩訶不思議な形の架空の物体を、手を墨だらけにして描き上げる「絵師」。岡村美紀が活動するのは、ニューヨークでも東京でもなく、のどかな風景の広がる瀬戸内の離島、小豆島だ。
「東京じゃなきゃ成功しないという考えは古い。私がここで成功したら、既存の価値観を覆せる」
 京都造形芸術大学を卒業後、ドイツ留学を予定していたが、今年開かれている「瀬戸内国際芸術祭」でアーティスト・ヤノベケンジ氏の作品に参加。小豆島の港で巨大な龍の壁画を描き上げ、その迫力が話題を呼んだ。
写真:東川哲也 ライター:小野美由紀

島を想う異端の「姫君」 アーティスト/小豆島地域おこし協力隊員
岡村美紀
1990年9月27日生まれ

 グロテスクな生物の器官か、はたまたマグマが生み出した大自然の奇景か。原始的な生命のエネルギーを具現化したような、摩訶不思議な形の架空の物体を、手を墨だらけにして描き上げる「絵師」。岡村美紀が活動するのは、ニューヨークでも東京でもなく、のどかな風景の広がる瀬戸内の離島、小豆島だ。
「東京じゃなきゃ成功しないという考えは古い。私がここで成功したら、既存の価値観を覆せる」
 京都造形芸術大学を卒業後、ドイツ留学を予定していたが、今年開かれている「瀬戸内国際芸術祭」でアーティスト・ヤノベケンジ氏の作品に参加。小豆島の港で巨大な龍の壁画を描き上げ、その迫力が話題を呼んだ。 写真:東川哲也 ライター:小野美由紀