「新型コロナウイルス」に関する記事一覧

国内コロナ BA5の次はBA.2.75かXBBか 米国で流行する「XBB.1.5」の懸念 

国内コロナ BA5の次はBA.2.75かXBBか 米国で流行する「XBB.1.5」の懸念 

 新たなオミクロン株の亜系統が次々と出現するなか、どの亜系統が主流になるか注目されている。中でも「XBB.1.5」は、米国を中心に主流の亜系統になりつつある。どんな性質を持っているのか。AERA 20

AERA

1/26

  • マスクなんてうんざり 「コロナ疲れ」の米国でマスク復活はクリスマス前の一時期のみ

     米国でマスク姿の人は少ないが、新型コロナウイルスの流行が終わったわけではない。医療体制は逼迫し、閉店したままの店舗も。コロナに疲れ切った人が少なくない。AERA 2023年1月30日号の記事を紹介す

    AERA

    1/24

  • ワクチン接種妨害を正当化する陰謀論の恐ろしさ 「神真都Q会」の正体を探る

     陰謀論が世界にはびこっている。私たちの足元を、民主主義を揺さぶる。社会をむしばみ、刑事事件にまで発展する。誰が、なぜ。長期間にわたり、日米で取材を重ねた。AERA 2023年1月16日号の記事を紹介

    AERA

    1/12

  • 中国「ゼロコロナ」政策転換後の混乱と恐怖 市民は感染者がいることが日常になった

     中国の厳しすぎる新型コロナウイルス対策が今月、大幅に緩められた。極端な変化によって、市民はウィズコロナの世界に放り出された状態だ。2022年12月26日号の記事を紹介する。*  *  * 中国東北部

    AERA

    12/20

  • 都医師会会長「『5類相当』という新たな選択肢を」 コロナ分類見直しですべきこと

     政府は新型コロナの感染症法上の位置づけを見直し、「2類相当」から「5類」への引き下げを検討している。分類の変更についてどう考えるのか。東京都医師会・尾崎治夫会長に意見をうかがった。2022年12月1

    AERA

    12/14

  • 都医師会会長に聞いた年末のコロナ対策 ワクチン接種と検査キットの活用法

     年明けに新型コロナウイルスの感染者が増えるという予測がある。忘年会や冬休み、帰省などのある年末、どう対策したらいいのか。東京都医師会・尾崎治夫会長に聞いた。2022年12月19日号から。*  *  

    AERA

    12/13

  • 妊娠中に予防接種を避ける必要はない…赤ちゃんまで守られる可能性がある3つのワクチン

     今年、新型コロナウイルス感染症によって軽症で済むと考えられていた子供の命が失われ、根絶間際と思われていたポリオがイギリスやアメリカで検出された。小児科医の森戸やすみさんは「ワクチンで子供を守ることが

    プレジデントオンライン

    12/9

この人と一緒に考える

  • 軽症者も使える「ゾコーバ」 コロナ「後遺症」予防に役立つ可能性

     重症化リスクの低い軽症の人に使える飲み薬「エンシトレルビル フマル酸(販売名・ゾコーバ)」が緊急承認された。日本の製薬企業が開発した初の新型コロナウイルス感染症治療薬だ。一方で、効果や必要性について

    AERA

    12/7

  • 症状の改善1日早める新型コロナ薬「ゾコーバ」 緊急承認の背景

     新型コロナウイルスの「第8波」が迫るなか、塩野義製薬が開発した感染症の経口薬「ゾコーバ」が緊急承認された。国産初の治療薬として期待がかかるが、どんな人が処方の対象になり、どのような効果があるのか。2

    AERA

    12/6

  • オミクロン亜系統と「再感染」を警戒すべき本当の理由 重症化・後遺症リスクの捉え方

     オミクロン株の新しい亜系統が増え、再感染が懸念される。再感染により死亡や入院のリスクが高まる恐れのあることが米国の研究チームの分析でわかった。2022年12月5日号から。*  *  * これまで流行

    AERA

    11/29

  • 「目を見て話せない」「なぜ今この勉強を…」 学生からの悲痛な声に大空幸星さんが考える”孤独”

    <コロナ禍でのオンライン授業、引きこもり生活……最近、直接、人と会う機会があっても、全く目を見て話せない、言葉が上手く出てこなくなりました><この生活がずっと続くなら、もう

    AERA

    11/18

  • 「オミクロン」次の主流はXBBかBQ.1か 世界で“亜系統”続出の懸念

     新型コロナウイルスの変異株オミクロンの亜系統が続出している。海外では感染が増加する一因にもなっている。AERA 2022年11月14日号から。*  *  * 国内の新型コロナウイルスの感染が再び増え

    AERA

    11/8

  • 「BA.5」対応ワクチンの登場は「待たずに打った方がいい」 専門家が助言する理由

     第7波は落ち着いてきたが、呼吸器感染症の流行しやすい冬が到来すれば、流行がぶり返す可能性がある。従来株とオミクロン株のBA.1系統に対応した2価ワクチンの接種が始まったが、冬に備えてどうすればいいの

    AERA

    9/29

この話題を考える

  • オミクロン対応ワクチンの「実力」と副反応  中和抗体は1.5~1.7倍 

     冬に懸念される感染の波に備えるため、従来株とオミクロン株のBA.1に対応したワクチンの接種が始まった。新ワクチンの実力と副反応は、従来のワクチンと比べてどう変わったのか。AERA 2022年10月3

    AERA

    9/28

  • 「若くて軽症なのに後遺症?」「ちゃんと治る?」 新型コロナ後遺症Q&A

     新型コロナウイルス感染症は、急性期の症状が治まった後にさまざまな後遺症が生じる「Long COVID」を経験する人が多い。AERA 2022年9月19日号より紹介する。*  *  *Q:後遺症はどん

    AERA

    9/14

  • 「風邪っぽいけど、抗原検査は陰性だから大丈夫」は危険です!

     人生100年時代は、健康こそ最大の資産です。 本記事の著者は産業医×内科医の森勇磨氏。『40歳からの予防医学』を出版し、感染症医・神戸大学教授の岩田健太郎氏が「安心して読める健康の教科書

    ダイヤモンド・オンライン

    9/1

  • 「後遺症を防ぐためにできることは?」「抗原検査キット買うべき?」 新型コロナQ&A

     国内では依然として第7波が猛威をふるっている。発症時の対応や療養解除後の体調などさまざまな疑問に対し、医師が回答した。AERA2022年9月5日号から。*  *  *Q:療養解除後も咳が続いています

    AERA

    9/1

  • 「急変が心配」自宅療養と宿泊療養のすみ分けは? 知っておきたい新型コロナQ&A

     国内では依然として第7波が猛威をふるっている。いまさら聞けない、けれども知っておきたい罹患や療養、その後に関する疑問を医師に聞いた。AERA2022年9月5日号から。*  *  *Q:風邪の症状があ

    AERA

    8/31

  • コロナ禍3年目も「帰省」に悩む人たち 「親孝行したい時に」第7波の到来で戸惑いも

     コロナ禍で迎える3年目の夏は第7波が猛威を振るう。お盆に帰省するべきか、やめるべきか。それぞれの事情に応じた悩みはつきない。AERA 2022年8月15-22日合併号の記事から紹介する。*  *  

    AERA

    8/10

1 2 3 4 5

カテゴリから探す