「子宮頸がん」に関する記事一覧

コロナ禍で子宮頸がんワクチン積極勧奨再開先送りで圧倒的出遅れをどうする?

コロナ禍で子宮頸がんワクチン積極勧奨再開先送りで圧倒的出遅れをどうする?

 日々の生活のなかでちょっと気になる出来事やニュースを、女性医師が医療や健康の面から解説するコラム「ちょっとだけ医見手帖」。今回は「子宮頸がんワクチンの接種が進まない日本の問題点」について、

dot.

9/8

  • 子宮頸がんは放射線治療で治せる? 進行期によっては手術と同等の効果

     子宮頸がんは、女性特有の臓器である子宮の頸部(入り口の部分)にできるがんで、20、30代の若い世代から罹患のリスクがある。他の婦人科がんに比べて、放射線治療の効果が期待できるのが特徴だ。外

    dot.

    5/12

  • 「子宮頸がん」で手術が必要なケースとは? がんになる前の段階「異形成」からおこなう円錐切除術

     20、30代の若い世代から罹患のリスクがある子宮頸がん。子宮頸がんは、女性特有の臓器である子宮の頸部(入り口の部分)にできるがんだ。進行したCIN(がんの前段階)からIIB期までが手術の適応となり、

    dot.

    5/9

  • 20、30代から罹患リスクある「子宮頸がん」 性行為前のワクチン接種を

     20、30代の若い世代から罹患のリスクがある子宮頸がん。性行為によるヒトパピローマウイルス(HPV)の感染が原因となる。がんの初期には自覚症状が表れない。そのため、早期発見には検診が重要になる。* 

    週刊朝日

    4/27

  • 子宮頸がん 性経験が豊富なほどなりやすいってホント?

    子宮頸がん 性経験が豊富なほどなりやすいってホント?

     子宮頸がんの原因の95%以上は、おもに性交渉によって男性から感染するHPV(ヒトパピローマウイルス)によるものだ。そのため性経験が豊富なほど、がんの発症リスクが高まりやすいと思われがちだが、筑波大学

    週刊朝日

    9/17

  • 子宮頸がんになったら子どもが産めなくなる?

    子宮頸がんになったら子どもが産めなくなる?

     20代、30代で発症することが少なくない子宮頸がん。妊娠時の子宮がん検診を機に病気が発覚することもあり、深刻な選択を迫られるケースもある。 実際、子宮頸がんになったら出産をあきらめなければならないの

    週刊朝日

    9/14

  • 市議会議員「子宮頸がんワクチンは戦後最大の薬害事件」

    「子宮頸がんの撲滅」をうたって国が勧めてきたワクチン接種(ワクチン名:サーバリックス)が、それまで健康だった若い女性たちに、激しい痛みやけいれん、歩行困難といった重い副作用を生んでいる。 接種後、異常

    週刊朝日

    7/23

この人と一緒に考える

  • 副作用で「けいれんが止まらない!」 子宮頸がんワクチンは“薬害”になる

    副作用で「けいれんが止まらない!」 子宮頸がんワクチンは“薬害”になる

    「あ、うちの子が、いる」 介護事務の仕事をしている横浜市の母親(48)は今年5月、夕食時にテレビで流れた子宮頸がんワクチン被害者の映像を見て、画面から目が離せなくなった。 びくびくと、けいれんが続く女

    週刊朝日

    7/23

  • 子宮頸がんワクチンの「体調不良」 具体的症状は

     今年度から子宮頸がんの予防ワクチンが定期接種となった。だが3月末からこのワクチン接種後、「体調を崩して回復しない」という訴えが相次いでいる。実際にはどんな症状がみられるのだろうか。 厚労省には、予防

    AERA

    6/30

  • 女子サッカーの澤 「なでしこ選手とはカラダのことも話します」

    女子サッカーの澤 「なでしこ選手とはカラダのことも話します」

     世界一になった原動力はどこから? 女子サッカーの澤穂希選手が、食生活や健康について、お母さんのように慕う女優の仁科亜季子さんと対談。澤選手は女性特有の病気などにも気を付けているといい、アスリート仲間

    AERA

    12/2

  • 女優・古村比呂 手術前日、「子宮さん、お疲れさま」と声をかけた

    女優・古村比呂 手術前日、「子宮さん、お疲れさま」と声をかけた

     がんとどう向き合ったか。そこに人生が集約されてくる。10月16日発売の週刊朝日ムック「がんで『困った』ときに開く本2013」(朝日新聞出版)から、著名人の生き様をお届けする。 2011年末、診察のつ

    週刊朝日

    10/19

  • リンパドレナージで症状悪化 リンパ浮腫患者が併発する病

    リンパドレナージで症状悪化 リンパ浮腫患者が併発する病

     婦人科がんの摘出手術後に発症することが多く、重症化すると日常生活を送るうえでも支障をきたすほど、手や足がむくむリンパ浮腫(ふしゅ)。 リンパ浮腫は、リンパ節とリンパ管が本来持っている、水分やたんぱく

    週刊朝日

    9/13

  • 二度のがん経験した原千晶 手術よりつらかった抗がん剤治療

    二度のがん経験した原千晶 手術よりつらかった抗がん剤治療

     女性特有の病気というものがある。2度のがんを経験したタレントの原千晶さんはその女性の病に悩まされた一人だ。彼女は自分の辛かった経験を、少しでも人に役立てたいと考えているという。*  *  * 30代

    週刊朝日

    9/7

この人と一緒に考える

  • 「自殺は子宮頸がんワクチンの影響では?」と出水市教委が発言していた

    「自殺は子宮頸がんワクチンの影響では?」と出水市教委が発言していた

     大津市で中学2年の少年が自殺した事件では、学校や市教委のひどい対応が次々と明らかになった。そうした中で、やむにやまれず警察に駆け込む例は後を絶たない。 昨年9月、鹿児島県出水市で中学2年のB子さん(

    週刊朝日

    8/27

  • 性交渉での「HPV感染」が子宮頸がんを招く

    性交渉での「HPV感染」が子宮頸がんを招く

     最近では、性交渉開始の低年齢化や生活スタイルの欧米化などから、子どもを産む前の20~30代に発症するケースが増えてきた子宮頸がん。日本婦人科腫瘍学会の治療ガイドライン作りに携わり、ライフワークの一つ

    週刊朝日

    8/24

  • 以前は「マザーキラー」 今は20、30代での発症も多い子宮頸がん

    以前は「マザーキラー」 今は20、30代での発症も多い子宮頸がん

     以前は、小さな子どもを持つ母親を死に至らしめる「マザーキラー」と呼ばれていた病、子宮頸がん。ところが最近では、性交渉開始の低年齢化や生活スタイルの欧米化などから、子どもを産む前の20~30代に発症す

    週刊朝日

    8/24

1

カテゴリから探す