「お悔やみ」に関する記事一覧

藤子不二雄(A)さん死去 漫画家・伊藤潤二「魔太郎のインパクトは強かった」

藤子不二雄(A)さん死去 漫画家・伊藤潤二「魔太郎のインパクトは強かった」

 店の扉を開けると懐かしさを感じる醤油の匂いが店内に広がっている。壁には漫画家のサインがずらり。中華料理店「松葉」は、「トキワ荘」の漫画家たちが通ったことで知られる。「病気をしていたという話も聞いてい

週刊朝日

4/13

  • 【追悼】宝田明さん“スタア”の生き様 草笛光子「最後まで戦ってパッと散った」

    「ゴジラ」「放浪記」などの映画や、舞台で活躍した俳優、宝田明さんが今月14日、急逝した。87歳。肺炎だった。4月1日には、初めてプロデューサーを務めた主演映画「世の中にたえて桜のなかりせば」の公開を控

    週刊朝日

    3/31

  • 高倉健さんが目の前で倒れ…宝田明さんが語った酒の思い出

     87歳にして初めて映画をプロデュースした宝田明さん。3月14日に亡くなったが、直前のインタビューでデビュー当時の映画界を振り返り、高倉健さんとの思い出も口にした。【前編/宝田明さん、初プロデュース作

    週刊朝日

    3/27

  • 宝田明さん、初プロデュース作が遺作に 乃木坂46岩本蓮加の良さを語っていた

     3月14日、肺炎で亡くなった俳優の宝田明さん。生前のインタビューで満州からの引き揚げ者としての記憶が、今も心だけでなく、身体にも深く刻まれていると話していた。恋い焦がれた美しい日本の桜をテーマに、8

    週刊朝日

    3/26

  • 【追悼】石原慎太郎さん 山崎拓「大統領制だったらトップになっていた」

    「孤高の表現者」。2月1日に都内で死去した元東京都知事で作家の石原慎太郎氏の89年の軌跡を振り返ると、この言葉にたどりつく。常に世の注目を集め続けた、激動のその人生を振り返る。*  *  *「いずれは

    週刊朝日

    2/9

  • 田原総一朗

    田原総一朗

    田原総一朗「石原氏の主張“自立した日本”はリアリティーがある」

     ジャーナリストの田原総一朗氏は、今月1日に亡くなった石原慎太郎氏について語る。*  *  * 石原慎太郎氏が死去したと、朝日新聞の知人から知らされて大ショックだった。もっともっと生きてほしい人物であ

    週刊朝日

    2/9

  • 「あなたの奴隷になりたい」妻が明かす「文藝春秋」元編集長のプロポーズ

    「文藝春秋」編集長などを経て、作家として活躍した半藤一利さん。今年亡くなった夫の素顔を、妻でエッセイストの末利子さんが明かす。*  *  * 彼のプロポーズの言葉は「僕の女神様、あなたの奴隷になりたい

    週刊朝日

    12/17

この人と一緒に考える

  • 里見浩太朗「福本清三さんがどんな『死に方』するか楽しみだった」

     今年1月1日に亡くなった俳優の福本清三さん。「5万回斬られた男」として数多の時代劇で活躍してきた福本さんの思い出を里見浩太朗さんが振り返る。*  *  * 私が「東映第3期ニューフェイス」としてデビ

    週刊朝日

    12/16

  • 瀬戸内寂聴さんを追悼 作家・佐藤愛子「波瀾の一生を支えた無邪気さ」

     11月9日、作家で僧侶の瀬戸内寂聴さんが99歳で死去した。ゆかりのある作家の佐藤愛子さんが思いを寄せた。*  *  * 私と瀬戸内さんとはそう親しい友達というわけではない。年に一度くらい、対談などの

    週刊朝日

    11/20

  • 「自然体」「おどけたしぐさ」…瀬戸内寂聴さんを篠山紀信、鎌田慧らが悼む

     11月11日に99歳で亡くなった瀬戸内寂聴さん。寂聴さんを知る人は、表と裏のない自然体の人柄に惹かれていた。写真家の篠山紀信さんは言う。「作家には、威厳があるように撮ってもらいたいという人がけっこう

    週刊朝日

    11/18

  • ホリエモンも田中康夫も…瀬戸内寂聴さんはバッシングされた人の味方だった

     99年の生涯の中で、多くの人と交流した瀬戸内寂聴さん。世間からたたかれている人も、自分と意見が違う人も、懐深く心を開き受け入れた。そんな寂聴さんの姿を心に刻む人たちに、ありし日の思い出を聞いた。* 

    週刊朝日

    11/17

  • さいとう・たかをさんの「肉食」伝説 70代後半まで毎朝ステーキ、80過ぎたらしゃぶしゃぶに…

    「ゴルゴ13」などの作品で知られる劇画家のさいとう・たかをさんが9月24日にすい臓がんで亡くなった。享年84。80歳を越えてなお、精力的に作品づくりにあたっていた。その屈強な心身を支えていたものとは―

    週刊朝日

    10/1

  • 【追悼】「フジ三太郎」のサトウサンペイさん 元担当編集が人柄しのぶ

     漫画家のサトウサンペイさんが7月31日に91歳で死去した。サンペイさんは家庭が主流の新聞漫画に「フジ三太郎」(朝日新聞)を登場させ、サラリーマンが主人公という新境地を開いた。週刊朝日の「夕日くん」も

    週刊朝日

    8/27

この話題を考える

  • 【追悼】ジャニーズ・藤島メリーさん 親友・黒柳徹子が最後にもらったプレゼント

     ジャニーズ事務所の藤島メリー泰子名誉会長が、肺炎のため今月14日に亡くなった。93歳だった。少年隊など多くのアイドルを育てたほか経営者としても手腕を発揮し、弟の故ジャニー喜多川さんを支えた。長きにわ

    週刊朝日

    8/26

  • 追悼・寺内タケシ 天才を超えた“エレキの神様”の素顔

     6月18日、「エレキの神様」ことギタリストの寺内タケシさんが、器質化肺炎のため横浜市内の病院で亡くなった。ザ・ベンチャーズ、加山雄三らとともにエレキギターの魅力を日本に深く浸透させた82年間の生涯。

    週刊朝日

    6/30

  • 知の巨人・立花隆が小学生に感心「思考を止めたら人間は終わる」

    「知の巨人」と畏敬(いけい)されたジャーナリストで評論家の立花隆さんが逝った。享年80。「田中角栄金脈問題」で政治腐敗に鋭く切り込む一方、脳死やがん治療、宇宙など多岐にわたるジャンルを手がけ、多数のベ

    週刊朝日

    6/30

  • 小林亜星さん死去 本人が明かした「寺内貫太郎一家」西城秀樹とのケンカの思い出

     作曲家で、「寺内寛太郎一家」にも主演し、黒縁の丸メガネの“巨漢”タレントとしても人気があった小林亜星さんが5月30日に亡くなっていたことがわかった。享年88歳だった。死因は心

    週刊朝日

    6/14

  • 小林亜星さん死去「医学部からバンドマン、『北の宿から』、『寺内貫太郎一家』…」本人が語ったマルチ人生

    「北の宿から」などを手がけた作曲家で、「寺内寛太郎一家」にも主演し、黒縁の丸メガネの“巨漢”タレントとしても人気があった小林亜星さんが5月30日に亡くなっていたことがわかった。

    週刊朝日

    6/14

  • 追悼「田村正和」をまっとうした俳優人生 当初はスターの華やかさに乏しく

     俳優の田村正和さんが4月3日、亡くなった。享年77。二枚目の代名詞のようなたたずまいと、親しみやすい役柄とを自在に行き来する独特の空気感で、見る者を虚構と現実のはざまにいざなう、本物のスターだった。

    週刊朝日

    5/29

1 2 3 4 5

カテゴリから探す