萎縮するか、選挙報道 参院選テレビ報道の課題 (1/2) 〈GALAC〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

萎縮するか、選挙報道 参院選テレビ報道の課題

GALAC NEWS

このエントリーをはてなブックマークに追加
砂川浩慶GALAC

 6月22日、第24回参議院選挙が公示された。7月10日の投開票日まで選挙戦が繰り広げられる。論点とともに、18歳選挙権なども注目だ。前回の総選挙は低調に終わったテレビ報道だが、今回、その役割を果たせるだろうか。

* * *

 国政選挙での「当確報道に関する要請」は、民主党政権下ではなかったものの、自民党・安倍政権下では復活し、前回2013年参議院選挙、14年総選挙でも実施された。

 内容は「国政選挙は全ての国民の関心に係るものであり、当選確実の放送等については、関係者に多大な影響を及ぼすことから、放送法の趣旨にのっとり、放送に対する国民の信頼にこたえるよう、引き続き十分な配意をお願いすることとしました」というもの。

●高市発言の影響は?
 
 今回も6月22日の公示日に同様の内容が報道発表された。
 
 今回の要請はある意味、注目されていた。今年2月の高市停波発言問題で、「政治的公平の解釈について」との政府統一見解(2月12日)が出ているからだ。この欄でも取り上げたが、この統一見解は「番組全体を見て判断する」との従来の解釈に変更はないとしたうえで、一つの番組でも「政治的に公平であること」を確保しているとは認められないとする。


トップにもどる GALAC記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい