近藤正臣が次に演じてみたい歴史上の人物は? (1/2) 〈GALAC〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

近藤正臣が次に演じてみたい歴史上の人物は?

旬顔 近藤正臣

取材・文/桧山珠美 写真/山﨑祥和GALAC#真田丸
秀吉の立ち会いのもと、沼田を巡る話し合いが行われ・・・ 大河ドラマ「真田丸」(NHK総合ほか)

秀吉の立ち会いのもと、沼田を巡る話し合いが行われ・・・ 大河ドラマ「真田丸」(NHK総合ほか)

近藤正臣 こんどう・まさおみ
1942年2月15日 京都生まれ。O型。高校時代演劇部に所属し、高校演劇コンクールで銀賞を受賞。卒業後、大阪吉兆で板前修業をするが、3か月で辞めて演劇の道へ。京都松竹でエキストラをしていた頃、「大船へ来ないか」と誘われ単身上京。今村昌平監督「エロ事師たちより 人類学入門」で映画デビューした。69年テレビドラマ「柔道一直線」で主人公のライバルを演じて注目される。以後、「冬の雲」「春の嵐」「地の果てまで」(TBS「木下恵介・人間の歌シリーズ」)など数多くのテレビドラマに出演。主な出演作「つくし誰の子」「暖流」(日本テレビ)、「分水嶺」「水中花」(TBS)、近年は「カーネーション」「ごちそうさん」「あさが来た」(NHK総合ほか)と朝ドラ人気にも一役買う。また、NHK大河ドラマにも多く出演。「国盗り物語」明智光秀役、「黄金の日日」石田三成役、「龍馬伝」山内容堂役、現在の「真田丸」では本多正信役を演じている。プライベートでは、岐阜県郡上八幡を第二のふるさととして、年に3か月ほど過ごしてリフレッシュ。年に1度行われる「上方落語の会」の世話人で、司会もつとめる。

近藤正臣 こんどう・まさおみ 1942年2月15日 京都生まれ。O型。高校時代演劇部に所属し、高校演劇コンクールで銀賞を受賞。卒業後、大阪吉兆で板前修業をするが、3か月で辞めて演劇の道へ。京都松竹でエキストラをしていた頃、「大船へ来ないか」と誘われ単身上京。今村昌平監督「エロ事師たちより 人類学入門」で映画デビューした。69年テレビドラマ「柔道一直線」で主人公のライバルを演じて注目される。以後、「冬の雲」「春の嵐」「地の果てまで」(TBS「木下恵介・人間の歌シリーズ」)など数多くのテレビドラマに出演。主な出演作「つくし誰の子」「暖流」(日本テレビ)、「分水嶺」「水中花」(TBS)、近年は「カーネーション」「ごちそうさん」「あさが来た」(NHK総合ほか)と朝ドラ人気にも一役買う。また、NHK大河ドラマにも多く出演。「国盗り物語」明智光秀役、「黄金の日日」石田三成役、「龍馬伝」山内容堂役、現在の「真田丸」では本多正信役を演じている。プライベートでは、岐阜県郡上八幡を第二のふるさととして、年に3か月ほど過ごしてリフレッシュ。年に1度行われる「上方落語の会」の世話人で、司会もつとめる。

「カーネーション」「ごちそうさん」「あさが来た」――舅役などで味わいを醸し、朝ドラ人気に一役買ったのは近藤正臣だ。

 若いころは二枚目として恋愛ドラマでファンを魅了したが年齢とともに渋みが増した。年に3か月は長良川のほとりで風雅にいそしむ。大河ドラマ「真田丸」も佳境を迎え、脇を締める近藤の存在に期待が集まる。憧れのシニアの横顔に迫る!

* * *

●歳を重ねてチャーミング。

 岡田時彦、長谷川一夫、上原謙、赤木圭一郎、田村正和……連綿と続く二枚目俳優の系譜に間違いなく連なる人だ。端正な顔立ちでデビュー当時から女性ファンを魅了し続けてきた。はんなりとした色気は今も変わらず。日本人の“粋”を身にまとう稀有な俳優だ。

 当時のアイドル的人気について、ご本人は「そんなものはいつまでも長続きしないとわかっていましたから」と、冷静に受け止めていた。「(メロドラマで)同じような役が続けばやっぱり飽きますよ(笑)。相手は変わっても、出会って、好きあって、別れてって。もうやったよ、みたいな多少ふてくされてた部分もありましたね(笑)」。世間に求められる近藤正臣像をどこかで演じている自分がいたという。

 近藤正臣といえば必ず話題になるのが、日本のテレビ史に残る伝説とも言われている「柔道一直線」での足でピアノを弾くシーンだ。

 「最初の頃はね、いつまで経ってもこれから抜けないのか、という気持ちはありました。いつまで経っても言われて。もう半世紀過ぎてますよ、と。だけど、そこまで経てまだ言われると、『ねこ踏んじゃった』がこんなに長生きしたかと愛おしくなってきます。もう家宝ですね(笑)」

 二枚目俳優としての窮屈な時代を経て、近藤は新たな境地を開拓。バラエティの司会やドキュメンタリーのレポーターなど、俳優以外の仕事に挑んだ。さらに世間を驚かせたのは、河童の着ぐるみを着て「60日60日いっぽんぽん」と、キンチョウリキッドのCMに出演したことだ。

 「あれは『おもしれー』と思いながらやっていましたね。もういいじゃんって楽しんでやりました。あれを『なんで俺が着ぐるみなんだよ』なんて言ってたら、駄目だったと思う。そんなふうに外からきっかけがくるんです」

 以降、二枚目役だけでなく、悪役や老け役なども来るようになり、役の幅が広がった。


トップにもどる GALAC記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい