• 特集
  • 成功のカギは? 中学受験2022

成功のカギは? 中学受験2022

首都圏では過去最高の受験率を更新するとみられる2022年の中学入試。最新データ、経験者の失敗談、学校選びや子どもとの向き合い方まで。中学受験を「成功」に導くための情報をまとめてお届けします。

  • 最難関の灘、甲陽学院、神戸女学院で志願者が減った理由は? 関西・東海の中学受験2022

    最難関の灘、甲陽学院、神戸女学院で志願者が減った理由は? 関西・東海の中学受験2022

     関西地方、東海地方ともに、昨年よりも中学受験率が上昇しています。その要因は首都圏同様、コロナ禍での公立と私立の対応の差でした。関西では安全志向が働き、難関校の志願者が減少しました。東海では、愛知県で

    dot.

    3/26

  • 中学入試で「英語必須」の学校が登場も、「本格導入はまだ先」と専門家が予測する理由は?

    中学入試で「英語必須」の学校が登場も、「本格導入はまだ先」と専門家が予測する理由は?

     受験者数・受験率ともに8年連続での上昇となった今年の中学入試。コロナ禍で2年目の入試でしたが、英語科目の本格導入、陽性者・濃厚接触者を想定した追試の設定など、例年にはない動きがありました。*  * 

    dot.

    3/18

  • 中学受験と高校受験、どちらにするべき? 悩める親たちの質問に、安浪京子・矢萩邦彦がズバリ

    中学受験と高校受験、どちらにするべき? 悩める親たちの質問に、安浪京子・矢萩邦彦がズバリ

    「詰め込み」「偏差値」というイメージが強い中学受験。「受験のための勉強は子どもの将来に役に立つの?」「難易度より、子どもを伸ばしてくれる学校を選びたい」といった悩みを抱えている親御さんも増えています。

    dot.

    3/14

  • 男子御三家「武蔵中」の志願者数がここまで増えた理由とは? 2022中学受験

    男子御三家「武蔵中」の志願者数がここまで増えた理由とは? 2022中学受験

     コロナ感染が急拡大するなかで実施された今年の中学入試ですが、受験者数・受験率ともに8年連続での上昇となりました。安全志向が働き、中堅上位から下位校のボリュームゾーンで受験者数が増加しましたが、「御三

    dot.

    3/12

  • 2022中学入試、「伝統女子校」が人気を集めた理由は? 実践女子、跡見、山脇で志願者増

    2022中学入試、「伝統女子校」が人気を集めた理由は? 実践女子、跡見、山脇で志願者増

     新型コロナの感染が急拡大する中で実施されたにもかかわらず、受験者数・受験率ともに8年連続での上昇となった今年の中学入試。倍率も上がり、受験生にとっては厳しい入試になったが、今年志願者数を伸ばしたのは

    dot.

    3/7

  • 『二月の勝者』は真実なのか?難関中学受験塾の代表が語る共感と違和感「カリスマ教師が少ない理由」

    『二月の勝者』は真実なのか?難関中学受験塾の代表が語る共感と違和感「カリスマ教師が少ない理由」

     大手中学受験塾を舞台にしたコミック『二月の勝者-絶対合格の教室-』(小学館)は、そのリアリティーある描写が話題となり、累計発行部数が250万部を超える大ヒットとなった。昨年10月には柳楽優弥主演でド

    dot.

    3/6

  • 中学受験まであと1年「言動が矛盾だらけ」の息子に悩む小5母に、受験のプロの回答は?

    中学受験まであと1年「言動が矛盾だらけ」の息子に悩む小5母に、受験のプロの回答は?

    「詰め込み」「偏差値」というイメージが強い中学受験。「受験のための勉強は子どもの将来に役に立つの?」「難易度より、子どもを伸ばしてくれる学校を選びたい」といった悩みを抱えている親御さんも増えています。

    dot.

    2/28

  • 武蔵、女子学院、渋渋で志願者増 中学受験者数8年連続上昇、「厳しい入試」になった理由は?

    武蔵、女子学院、渋渋で志願者増 中学受験者数8年連続上昇、「厳しい入試」になった理由は?

     オミクロン株の出現でコロナ感染が急拡大する中で実施された今年の中学入試ですが、受験者数は8年連続での上昇となりました。安全志向が働き、中堅上位から下位校のボリュームゾーンで受験者数が増加。倍率も上が

    dot.

    2/26

  • 小島よしおが「中学受験するのにケアレスミスがなくならない」と嘆く小5男子に教える「開き直り」とは

    小島よしおが「中学受験するのにケアレスミスがなくならない」と嘆く小5男子に教える「開き直り」とは

     算数の問題でケアレスミスをしてしまう、という相談を送ってくれたのは、1年後に中学受験を控えている小学5年生の男の子。数多くの子ども向けライブを開催し、YouTubeチャンネル「おっぱっぴー小学校」も

    dot.

    2/18

  • 「息子の中学受験、結果が受け止められない」という小6母に、安浪京子、矢萩邦彦はどう答える?

    「息子の中学受験、結果が受け止められない」という小6母に、安浪京子、矢萩邦彦はどう答える?

    「詰め込み」「偏差値」というイメージが強い中学受験。「受験のための勉強は子どもの将来に役に立つの?」「難易度より、子どもを伸ばしてくれる学校を選びたい」といった悩みを抱えている親御さんも増えています。

    dot.

    2/14

1 2 3 4 5

別の視点で考える

特集をすべて見る

カテゴリから探す