• 特集
  • 成功のカギは? 中学受験2022

成功のカギは? 中学受験2022

首都圏では過去最高の受験率を更新するとみられる2022年の中学入試。最新データ、経験者の失敗談、学校選びや子どもとの向き合い方まで。中学受験を「成功」に導くための情報をまとめてお届けします。

  • 軽度のADHDで「社会」だけトップクラスの小5息子、中学受験とどう向き合えば? 母の相談にアドバイス

    軽度のADHDで「社会」だけトップクラスの小5息子、中学受験とどう向き合えば? 母の相談にアドバイス

    「詰め込み」「偏差値」というイメージが強い中学受験。「受験のための勉強は子どもの将来に役に立つの?」「難易度より、子どもを伸ばしてくれる学校を選びたい」といった悩みを抱えている親御さんも増えています。

    dot.

    5/16

  • 「発展問題ではなく基本問題こそ先生に質問に行くべき」 中学受験カウンセラーがそう語る理由

    「発展問題ではなく基本問題こそ先生に質問に行くべき」 中学受験カウンセラーがそう語る理由

     中学受験を考えるご家庭では親がどこまでサポートするべきか悩みどころ。子ども4人が東大理IIIに合格したことで有名な佐藤亮子さんと中学受験カウンセラーの安浪京子さんが対談し、中学受験から高校、大学受験

    AERA

    5/9

  • 東大理IIIに子ども4人合格の佐藤ママ「大量計算で数字に対して“面倒”と思わせないで」

    東大理IIIに子ども4人合格の佐藤ママ「大量計算で数字に対して“面倒”と思わせないで」

     中学受験を考えるご家庭では親がどこまでサポートするべきか悩みどころ。子ども4人が東大理IIIに合格したことで有名な佐藤亮子さんと中学受験カウンセラーの安浪京子さんが対談し、中学受験から高校、大学受験

    AERA

    5/8

  • ノートが書けない子には「先生が書いた通りにすべて写す」を徹底 中学受験のプロがアドバイス

    ノートが書けない子には「先生が書いた通りにすべて写す」を徹底 中学受験のプロがアドバイス

     中学受験を考えるご家庭では親がどこまでサポートするべきか悩みどころ。子ども4人が東大理IIIに合格したことで有名な佐藤亮子さんと中学受験カウンセラーの安浪京子さんが対談し、中学受験から高校、大学受験

    AERA

    5/7

  • 子どもは「書く」ことを面倒くさがる! 3男1女が東大理IIIの佐藤ママ「簡単な式から書く習慣を」

    子どもは「書く」ことを面倒くさがる! 3男1女が東大理IIIの佐藤ママ「簡単な式から書く習慣を」

     中学受験を考えるご家庭では親がどこまでサポートするべきか悩みどころ。子ども4人が東大理IIIに合格したことで有名な佐藤亮子さんと中学受験カウンセラーの安浪京子さんが対談し、中学受験から高校、大学受験

    AERA

    5/6

  • 中学受験、偏差値が高い学校のほうが「探究的な学び」ができる? 小4母の質問に専門家がアドバイス

    中学受験、偏差値が高い学校のほうが「探究的な学び」ができる? 小4母の質問に専門家がアドバイス

    「詰め込み」「偏差値」というイメージが強い中学受験。「受験のための勉強は子どもの将来に役に立つの?」「難易度より、子どもを伸ばしてくれる学校を選びたい」といった悩みを抱えている親御さんも増えています。

    dot.

    5/2

  • 中学受験が史上空前の大激戦に!受験生急増「人気校」2つの特徴

    中学受験が史上空前の大激戦に!受験生急増「人気校」2つの特徴

     激化するばかりの中学受験。直近2022年入試では、首都圏で過去最高の受験者数と受験率に達しました。しかし、これはまだ序の口かもしれません。本番までおよそ10カ月となった23年入試はもちろん、小学校1

    ダイヤモンド・オンライン

    4/19

  • 「中学受験のために引っ越しするべきか」と悩む地方在住の小2母 受験のプロはどう答える?

    「中学受験のために引っ越しするべきか」と悩む地方在住の小2母 受験のプロはどう答える?

    「詰め込み」「偏差値」というイメージが強い中学受験。「受験のための勉強は子どもの将来に役に立つの?」「難易度より、子どもを伸ばしてくれる学校を選びたい」といった悩みを抱えている親御さんも増えています。

    dot.

    4/11

  • 首都圏の「公立中高一貫校」で進む高校募集停止や男女枠撤廃 難易度にどう影響?

    首都圏の「公立中高一貫校」で進む高校募集停止や男女枠撤廃 難易度にどう影響?

     公立の学費で一貫教育が受けられると人気の公立中高一貫校。全体的に倍率は下がっているものの、まだまだ狭き門です。志願者数は東京、神奈川、埼玉で減少し、千葉は上昇しました。今年は神奈川県立の2校と、千葉

    dot.

    4/2

  • 小1息子は中学受験に向いてる?将来出遅れないためにはどうしたら?悩むママに2人の専門家がズバリ

    小1息子は中学受験に向いてる?将来出遅れないためにはどうしたら?悩むママに2人の専門家がズバリ

    「詰め込み」「偏差値」というイメージが強い中学受験。「受験のための勉強は子どもの将来に役に立つの?」「難易度より、子どもを伸ばしてくれる学校を選びたい」といった悩みを抱えている親御さんも増えています。

    dot.

    3/28

1 2 3 4 5

別の視点で考える

特集をすべて見る

カテゴリから探す