書評『ダイエットの神様』南綾子著 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

《話題の新刊 (週刊朝日)》

ダイエットの神様 南綾子著

このエントリーをはてなブックマークに追加
若林良書評#話題の新刊

 三十路の童貞・恵太は、叔母の頼みでダイエット教室のアルバイトを始める。仕事は、途中で教室を退会した元会員たちを再入会させること。かつての職場の同僚で45歳、体重80キロの小百合とコンビを組み、痩せたいと願う女性たちと向き合っていく。

 読み進めるうちに、タイトルの「ダイエット」とは体ではなく、心を対象にしたものだとわかる。なぜ女性たちは痩せたいと願っているのか。それは心からの望みというよりも、夫や好意をよせる異性、また世間体など外部からの圧力によるものだった。ふたりは個性的なアプローチで女性たちの本心を解き放ち、「心のダイエット」を成功させていく。

 文体はポップで小気味好く、笑いが詰まっているが、「自分らしさ」を貫くことの難しさと意義についても、大いに考えさせられる。(若林良)

週刊朝日  2020年2月14日号


トップにもどる 書評記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい