書評『「わたし」と平成』Yahoo!ニュース特集編集部/高田昌幸編 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

《話題の新刊 (週刊朝日)》

「わたし」と平成 Yahoo!ニュース特集編集部/高田昌幸編

このエントリーをはてなブックマークに追加
内山菜生子書評#話題の新刊

「わたし」と平成 激動の時代の片隅で

Yahoo!ニュース 特集編集部,高田昌幸

978-4845918287
space
amazonspace

amazon.co.jp

space

 ヤフーニュースがネット上に掲載した本書と同名のインタビューが本になった。作家の朝井リョウや映画監督の森達也ら著名人も登場するが、ほとんどは美容師やドアマンなど市井の人々。阪神・淡路大震災の遺児や元ハンセン病患者もいて計33人の話が並ぶ。

 平成から令和へ変わる境目を前に、自らの半生とともに世の中の流れを振り返る語りが多い。プリクラを開発した女性は、ブームの狂乱の中で働き、今は介護職に就く。昭和の時代から靴磨きや助産師など同じ仕事を続けて、社会を定点観測してきた人の話もある。

「平成」が彼らに見せた顔は一様ではない。個人の自由を喜ぶ人も、家族の崩壊を感じる人もいる。特定の物語や方向性を見いだしづらい時代だったのかもしれない。その中で生き抜いてきた人の声が真摯に響く。(内山菜生子)

週刊朝日  2019年7月26日号


トップにもどる 書評記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい