愛と子宮に花束を 夜のオネエサンの母娘論

話題の新刊

2017/09/06 11:19

 著者は大学院で社会学を専攻後、5年半の新聞記者経験を経て作家になった。だが以前はAVに出演。現在は社会学者としても注目される。その異色の経歴を振り返りつつ、母との愛憎に満ちた関係性をエッセイにまとめた。

あわせて読みたい

  • 観光名所も旧跡もなし「さびしい町」をたゆたう稀有な紀行エッセー、元東大教授が執筆

    観光名所も旧跡もなし「さびしい町」をたゆたう稀有な紀行エッセー、元東大教授が執筆

    AERA

    5/31

    クリープハイプ尾崎世界観の日記エッセイ第2弾『苦汁200%』チャット形式で試し読み公開

    クリープハイプ尾崎世界観の日記エッセイ第2弾『苦汁200%』チャット形式で試し読み公開

    Billboard JAPAN

    3/9

  • 愛の棘

    愛の棘

    週刊朝日

    9/29

    「おネエことば」論

    「おネエことば」論

    2/4

  • Album Review: エギル・オルセン その不思議な歌声で聴く者を虜にする、ノルウェー出身のSSWによる4年ぶりの新作

    Album Review: エギル・オルセン その不思議な歌声で聴く者を虜にする、ノルウェー出身のSSWによる4年ぶりの新作

    Billboard JAPAN

    4/7

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す