みすず書房旧社屋

話題の新刊

2016/12/08 11:18

 20年前に解体された本郷3丁目のみすず書房旧社屋を、取り壊し直前に写真家が撮影していた。親しみに満ちたモノクロ写真に社員やゆかりの人々の文章が添う。
 ビルの谷間の角地に佇む、木造2階建ての、住居のような質素な建物。「屋根の一角に物干し台まで載っていた。みすず書房の知的で清楚な書籍のイメージとはかけ離れていた」と写真家の鬼海弘雄。扉を開けると狭い上がり口に書物が押し寄せ、どこもかしこも雑然と、本と紙であふれる。ドアストッパーには『日本紳士録』や『著作権台帳』が使われ、便器の下には「ニューヨーク・タイムズ」が敷かれた。編集会議が開かれた2階大部屋から、人は廊下まではみ出した。ほぼ毎日、夕方になるとビールを買ってきての飲み会が始まった。築48年。旧き良き時代の出版人の熾がともる。

週刊朝日 2016年12月16日号

みすず書房旧社屋

潮田登久子著

amazon
みすず書房旧社屋

あわせて読みたい

  • 浮気に酒癖の酷さ…それでも夫・島尾伸三と40年に寄り添う理由

    浮気に酒癖の酷さ…それでも夫・島尾伸三と40年に寄り添う理由

    週刊朝日

    9/18

    なぜ、写真を選んだのか。鬼海弘雄が語る “世間のひと” (その2)

    なぜ、写真を選んだのか。鬼海弘雄が語る “世間のひと” (その2)

    アサヒカメラ

    6/2

  • 妻の父に騙されて結婚? 写真家・島尾伸三の家族観

    妻の父に騙されて結婚? 写真家・島尾伸三の家族観

    週刊朝日

    9/18

    ことばを写す 鬼海弘雄対話集

    ことばを写す 鬼海弘雄対話集

    週刊朝日

    10/9

  • 撮り続けて1000人。鬼海弘雄が語る “世間のひと”

    撮り続けて1000人。鬼海弘雄が語る “世間のひと”

    アサヒカメラ

    5/29

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す