1000人の患者を看取った医師が実践している 傾聴力

話題の新刊

2013/09/11 18:03

 もしあなたの大事な人が、何かに悩み、落ち込んでいたら、どう支えますか──。
 終末期の患者を千人以上看取っている緩和医療医である著者は、死を前に悩み苦しむ患者を「傾聴」で支えてきた。
 「傾聴」は苦悩を癒やし、乗り越える手段を提供するという。本書は、主に終末期の患者とのやり取りを事例に、正しい「傾聴」とは何かを綴っていく。
 その人が何に苦しんでいるのかを知り、答えを見つけるまでそばにい続けること。悩んでいる人が、人生に新しい意味を見いだせるように支援することなど、聴き手側の心構えをまず説く。そして、話を聴く際のテクニックは、私たちの日常生活で明日からでも使えそうだ。たとえば、机で話を聴くときは、並んで座るか、対角線上に座る。相手の顔を見ながら話すが、時に視線を外す。優しい顔でしっかり頷きながら話を聴くなど。
 支えることはたやすくない。何よりも、聴き手側の人間性が要求される。しかし人を支えられるのは人だけだ。これからの高齢化社会に「傾聴力」は必須だろう。

週刊朝日 2013年9月20日号

1000人の患者を看取った医師が実践している 傾聴力

大津秀一著

amazon
1000人の患者を看取った医師が実践している 傾聴力

あわせて読みたい

  • こどもの話「聴いて」いますか?〜本日、国際こどもの日〜

    こどもの話「聴いて」いますか?〜本日、国際こどもの日〜

    tenki.jp

    6/1

    メーカー社員から納棺師へ…異色の転職で自身に起きた変化とは

    メーカー社員から納棺師へ…異色の転職で自身に起きた変化とは

    AERA

    12/9

  • 死にゆく人に押し付けるのは酷 在宅療養で必要な「頑張らない」選択

    死にゆく人に押し付けるのは酷 在宅療養で必要な「頑張らない」選択

    週刊朝日

    3/5

    なぜ、在宅死がいいのか? 専門医らに聞いた「病院にはない死のあり方」

    なぜ、在宅死がいいのか? 専門医らに聞いた「病院にはない死のあり方」

    週刊朝日

    2/23

  • 元携帯ショップ店員が転職して約50人を「看取り」、それでも「天職」と言い切れる理由

    元携帯ショップ店員が転職して約50人を「看取り」、それでも「天職」と言い切れる理由

    AERA

    12/8

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す