書評『すごい人のすごい話』荒俣宏著 |AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

《話題の新刊 (週刊朝日)》

すごい人のすごい話 荒俣宏著

このエントリーをはてなブックマークに追加
トミヤマユキコ#話題の新刊

 著者が「なんてすごい人なんだ」と感嘆した15人のもとを訪れ、インタビューを行う。なんだかシンプルすぎる企画のようだが、インタビュアーが荒俣宏となれば、話は変わってくる。博覧強記の人である荒俣。その彼が会ってみたいと切望する知的巨人たち。どんな人なのだろう。何を話すのだろう。ハイレベルな会話にわれわれ読者はついていけるのだろうか……何やらただならぬ本である。
 しかし、変に構える必要はない。小気味よいテンポでトークは進み、ときに笑いさえ起こる。「鈴木晃さんと発見するオランウータンの高度な社会」では、志賀高原の地獄谷温泉に入るニホンザルを「私が最初に見つけたんです」という衝撃の告白が飛び出し、「板見智さんと検証するハゲの噂」では「髪がつくられるのは頭皮の表面から7~8ミリ奥で、シャンプーはそんなところまで届きません」とバッサリ。話題は多岐にわたり、まったく飽きさせない。すごい人の苦労話はたくさんあるが、すごい人の愉快な話はなかなかお目にかかれない。その意味でも本書はやはりただならぬ本なのである。

週刊朝日 2013年6月7日号


トップにもどる 書評記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい