西野亮廣、又吉直樹らの動画で人気の大学は? YouTubeに強い大学「ベスト30」

YouTube

2021/06/04 09:00

又吉直樹さん(c)朝日新聞社
又吉直樹さん(c)朝日新聞社
 コロナ禍で、入学式・卒業式をYouTubeでライブ配信する大学が登場するなど、大学の広報活動においていまやYouTubeは欠かせないツールだ。なかでもとくに積極的なのはどの大学なのか?大学公式チャンネルの再生数、動画数ランキングをみていこう。

【ランキング】再生数、動画数トップの大学は?ランキングはこちら<全6枚>

*  *  *
「一応みなさんより僕のほうがちょっと先輩なので、偉そうに言わせてもらうと……」

 芸人・絵本作家の西野亮廣氏が壇上から学生に語りかけた。開幕、「現代の革命家」とあおりたてる紹介VTRの後に登場した西野氏。「拍手と歓声が足りなくないか」と学生をいじり、会場を和ませる。その後も相方や芸人の友人とのエピソードで場を沸かせたあと、「伝説のスピーチ」が始まり、空気は一変した。これは近畿大が制作した卒業式の動画の一コマだ。

「僕が皆さんに贈りたい言葉は一つだけです。『失敗なんかしないから、挑戦してください!』」

 拍手に包まれるなか、西野氏は笑顔で舞台袖へ歩いていった。この動画の再生数は1169万回を数える(5月31日時点)。

 近年、大学がYouTube動画を制作する例が増えている。大学が開設した公式チャンネルの充実度は、大学の発信力をはかる目安の一つとなる。社会学・メディアコミュニケーションが専門の井関崇博・兵庫県立大准教授は、4年制の大規模・中規模大学457大学を対象にYouTubeの公式チャンネルを調査。動画数、総視聴回数などをランキングにまとめた(詳細データは朝日新聞出版『大学ランキング2022』に掲載)。

 まずは総試聴回数、すなわち再生数のランキングを見てみよう。


 1000万回を超えるのは全国で5大学あった。その中で最も多かったのが、立命館大の約4117万回だ。

 立命館大の動画でよく見られているのが、19年のグローバル教養学部新設の際にリリースされた、1本数十秒程度の動画群だ。たとえば“立命館大学グローバル教養学部 CM「Do you have what it takes to change the world?」”は英語音声、日本語字幕の39秒の動画で、953万回以上再生されている(5月31日時点)。

NEXT

多言語で海外向けの動画を展開

1 2 3 4

あわせて読みたい

  • 大学の9割以上がYouTube活用 ターゲット「志願者層以外」なのに効果アリの意外な理由

    大学の9割以上がYouTube活用 ターゲット「志願者層以外」なのに効果アリの意外な理由

    AERA

    7/11

    再生数13億回のママYouTuber「宮迫さんと江頭2:50さんの違い」
    筆者の顔写真

    なーちゃん

    再生数13億回のママYouTuber「宮迫さんと江頭2:50さんの違い」

    dot.

    2/21

  • 所ジョージがYouTubeチャンネルを閉鎖へ なぜYouTubeは規約を変えたのか
    筆者の顔写真

    なーちゃん

    所ジョージがYouTubeチャンネルを閉鎖へ なぜYouTubeは規約を変えたのか

    dot.

    6/17

    松丸亮吾、小島よしお、予備校講師…「教育系YouTuber」使いこなし術

    松丸亮吾、小島よしお、予備校講師…「教育系YouTuber」使いこなし術

    週刊朝日

    1/17

  • 「なぜ、へずまりゅうはYouTubeにBANされるのか」ママYouTuberのなーちゃん
    筆者の顔写真

    なーちゃん

    「なぜ、へずまりゅうはYouTubeにBANされるのか」ママYouTuberのなーちゃん

    dot.

    9/3

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す