【岩合光昭】カピバラの顔つきでわかる「ある動物」の気配 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【岩合光昭】カピバラの顔つきでわかる「ある動物」の気配

連載61 動物っていいなあ 

このエントリーをはてなブックマークに追加
岩合光昭dot.#アサヒカメラ#岩合光昭
カピバラ
パンタナール北部(ブラジル)■オリンパスOM-D E-M1MarkII・M.ズイコーデジタル ED 40 ~ 150ミリF2.8 PRO・ISO200・絞りf13・125分の1秒(撮影/岩合光昭)

カピバラ パンタナール北部(ブラジル)■オリンパスOM-D E-M1MarkII・M.ズイコーデジタル ED 40 ~ 150ミリF2.8 PRO・ISO200・絞りf13・125分の1秒(撮影/岩合光昭)

 カピバラの家族が皆で同じ方向を向いている。真剣な顔で何を見ているのかと目をやると、対岸にジャガーがいた。パンタナールではカピバラを見ていると、ジャガーの存在がわかることがある。カピバラの顔がさっと変わり、緊張が走るとき、たいがい彼らの視線の先にはジャガーがいる。

【画像】まるで「チョコボール」? ブラジルのオオハシ

 パンタナールで印象的だったのは、カピバラが人を怖がらないということ。アマゾンでは数百メートル先でも逃げられてしまうのに、ここではお尻に手が届きそうな距離まで近寄ることができた。撮影の片腕になっていたガイドに聞くと「人の近くにいればジャガーに襲われない、と彼らはわかっているのさ」と言った。

 カピバラはやさしい動物で、普段はおっとりとしている。子どもをとても大切にし、家族は常に一緒だ。彼らを見ているとこちらまで和やかな気持ちになった。

写真・文=岩合光昭

※『アサヒカメラ』2020年1月号より


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい