【電通過労死から7年】高橋まつりさんの母が「いつまでも元気でいなければならない」と話す理由

過労死

2022/12/24 11:30

 広告大手・電通の新入社員だった高橋まつりさん(当時24)が、長時間労働を苦に自ら命を絶ってから7年。長時間労働は社会的にも大きな問題となっているが、その後も過労死が後を絶たない。まつりさんの母幸美さん(59)は、「いまだに大手企業で労働環境の実態が変わっていない」「電通の監視を続ける」と過労死撲滅に向けた活動を続けている。

あわせて読みたい

  • 高橋まつりさんの母、幸美さん独白4時間「上下関係が苦痛 寝させない拷問」

    高橋まつりさんの母、幸美さん独白4時間「上下関係が苦痛 寝させない拷問」

    週刊朝日

    2/3

    「生前、『自殺が一番の親不孝』と言っていたのに…」高橋まつりさんの母、幸美さん独白4時間

    「生前、『自殺が一番の親不孝』と言っていたのに…」高橋まつりさんの母、幸美さん独白4時間

    週刊朝日

    2/3

  • 電通社員・高橋まつりさんの墓前で母が語る大阪・心療内科放火殺人への怒り【死去から6年】

    電通社員・高橋まつりさんの墓前で母が語る大阪・心療内科放火殺人への怒り【死去から6年】

    dot.

    12/26

    【電通過労死から4年】高橋まつりさん母が今も後悔する「娘との最後の電話」

    【電通過労死から4年】高橋まつりさん母が今も後悔する「娘との最後の電話」

    dot.

    12/26

  • 電通・過労死問題 遺族母「私は『死んじゃだめ』と何度も言いました」

    電通・過労死問題 遺族母「私は『死んじゃだめ』と何度も言いました」

    週刊朝日

    11/16

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す