円安で逆風吹き荒れるなか「追い風」となった日本の年金積立金 右肩上がりを続けているワケ

ドル高

2022/10/06 08:00

 米国公的年金がリーマン・ショック以来の市場の暴落に苦しんでいる。約4400億ドル(約64兆円)の資金を運用する米国最大の年金基金・カルパース(カリフォルニア州職員退職年金基金)は今年6月末までの12カ月間に6.1%の損失が出たことを発表した。今年、米国の年金資金は平均10.4%減少すると、年金基金の調査を行うNPOエクアブルは予測する。その一方で、私たち日本の年金積立金の今年度第1四半期の収益率はマイナス1.91%と、減少幅は米国と比べてずっと小さい。その背景には円安による恩恵がある。年金積立金の運用を行う年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)に聞いた。

あわせて読みたい

  • あなたはどのタイプ? 金銭感覚でわかる“退職金運用法”をチェック

    あなたはどのタイプ? 金銭感覚でわかる“退職金運用法”をチェック

    週刊朝日

    1/3

    GDP減退に焦る安倍首相 次の一手は世界最大級の“年金マネー”

    GDP減退に焦る安倍首相 次の一手は世界最大級の“年金マネー”

    週刊朝日

    9/12

  • 世界同時株安で底なし GPIF年金運用損で“16兆円”が吹っ飛ぶ

    世界同時株安で底なし GPIF年金運用損で“16兆円”が吹っ飛ぶ

    週刊朝日

    1/28

    市場は塩崎厚生労働相に期待?「株価つり上げ」は今後どうなる

    市場は塩崎厚生労働相に期待?「株価つり上げ」は今後どうなる

    週刊朝日

    9/11

  • 初心者の大勘違い! 「バランス型8資産」分散するほどハイリスクだった

    初心者の大勘違い! 「バランス型8資産」分散するほどハイリスクだった

    AERA

    10/19

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す