今まで誰も知らなかった『関ヶ原』 徳川家康の“本当の敵”は誰だったのか

伊東潤

2022/10/07 08:00

 日本史上最大の合戦「関ヶ原」を、徳川家康と毛利輝元の対立構造で描き出した長編歴史小説『天下大乱』(朝日新聞出版)が刊行された。ブックジャーナリストの内田剛氏をして「武者たちの息づかいまでも聴こえる迫真の群像劇。紛れもない、これぞ本物の関ヶ原だ!」と言わしめた本作は、著者・伊東潤氏の“集大成”といっても過言ではない。刊行を記念して、伊東氏に作品にかけた思いを語ってもらった。

あわせて読みたい

  • 徳川家康が示す現代社会の打開策 関ヶ原の戦いは企業の派閥抗争と同じ?

    徳川家康が示す現代社会の打開策 関ヶ原の戦いは企業の派閥抗争と同じ?

    週刊朝日

    11/25

    「石田か? 徳川か?」東西合わせて約15 万人が対峙した天下分け目の戦い 「戦国の大合戦」ランキング!

    「石田か? 徳川か?」東西合わせて約15 万人が対峙した天下分け目の戦い 「戦国の大合戦」ランキング!

    dot.

    11/29

  • 石田三成、関ヶ原前夜の攻防戦「美濃迎撃ライン構想」とは

    石田三成、関ヶ原前夜の攻防戦「美濃迎撃ライン構想」とは

    dot.

    7/1

    「信長暗殺」の黒幕説検証 徳川家康がかつて妻子を殺された恨みをはらすために光秀を走らせた?

    「信長暗殺」の黒幕説検証 徳川家康がかつて妻子を殺された恨みをはらすために光秀を走らせた?

    dot.

    12/26

  • 歴史家・加来耕三「小池百合子は関ケ原の戦いに敗れた総大将・毛利輝元だ」

    歴史家・加来耕三「小池百合子は関ケ原の戦いに敗れた総大将・毛利輝元だ」

    週刊朝日

    10/25

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す