「まさか梅毒によるものとは」頭痛や脱毛、症状多彩 自己診断は危険「医師でも見逃しがち」

ヘルス

2022/10/02 08:00

 性感染症の一つである梅毒。現在感染者数が急増しており、2022年感染者数(9月11日まで)が全国で8456人に達し、すでに過去最多を更新している。その背景に「典型的な症状ばかりではないため、医師でも診断が難しい病気」という要因がある。正しい知識について、日本性感染症学会の理事で梅毒委員会委員長を務める、神戸大学病院泌尿器科の重村克巳医師に話を聞いた。

あわせて読みたい

  • 急増の「梅毒」 なぜコロナ禍で感染者数が過去最多に?専門医が指摘する三つの理由

    急増の「梅毒」 なぜコロナ禍で感染者数が過去最多に?専門医が指摘する三つの理由

    dot.

    10/2

    性感染症予防五つのポイント 性的な接触「いつ」「どこで」「誰と」「何をしたか」

    性感染症予防五つのポイント 性的な接触「いつ」「どこで」「誰と」「何をしたか」

    週刊朝日

    8/19

  • 急増する性感染症「梅毒」 患者の口から病原菌検出が47%という調査も

    急増する性感染症「梅毒」 患者の口から病原菌検出が47%という調査も

    週刊朝日

    8/20

    「性感染症」性器でなく咽に症状も 気を付けたい咽頭感染とは?

    「性感染症」性器でなく咽に症状も 気を付けたい咽頭感染とは?

    週刊朝日

    2/4

  • 「梅毒」だけじゃない性感染症 なぜ感染は繰り返されるのか?
    筆者の顔写真

    山本佳奈

    「梅毒」だけじゃない性感染症 なぜ感染は繰り返されるのか?

    dot.

    10/24

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す