「もう何年も2階に上がっていない」自宅は高齢者には不便 転倒場所の6割が自宅というデータも

ヘルス

2022/09/20 08:00

加齢に伴う心身の変化によって、住み慣れたわが家にはリスクや不便さが増えてくるといいます。好評発売中の週刊朝日ムック『早めの住み替えを考える高齢者ホーム2023』では、最後まで安全で快適な生活を送るために勧められる早めの住み替えについて解説しています。

あわせて読みたい

  • 「自宅の管理が大変」65歳以上高齢者の6割 元気なうちに人がいる環境への住み替えの勧め

    「自宅の管理が大変」65歳以上高齢者の6割 元気なうちに人がいる環境への住み替えの勧め

    dot.

    5/26

    自宅の資産価値を知る有力なヒント「立地適正化計画」とは?

    自宅の資産価値を知る有力なヒント「立地適正化計画」とは?

    dot.

    1/3

  • このまま自宅に住み続けていいの? 住み替えるなら「素敵な人」の近くで刺激し合うことが理想

    このまま自宅に住み続けていいの? 住み替えるなら「素敵な人」の近くで刺激し合うことが理想

    dot.

    9/21

    「マンション住み替え」でシニアが注意すべき9ポイントとは?

    「マンション住み替え」でシニアが注意すべき9ポイントとは?

    週刊朝日

    6/7

  • メイプル超合金・安藤なつが介護のプロに聞く! 週刊朝日ムック『高齢者ホーム2023』、9月13日発売

    メイプル超合金・安藤なつが介護のプロに聞く! 週刊朝日ムック『高齢者ホーム2023』、9月13日発売

    9/13

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す