学童野球の「盗塁」は禁止すべきか 長すぎる守備の時間に「子どもが野球に飽きる」との声も

学童野球

2022/09/03 08:00

小学生の学童野球。のびのびと野球を楽しむ子どもたちの姿はほほえましいが、最近、課題として焦点が当たるのが「盗塁問題」だ。力量差のあるチーム同士や中学年以下の試合では、投手はストライクが入らず四球を連発し、捕手は盗塁を刺す肩の強さがないため、盗塁やワイルドピッチによる進塁と得点が延々と続く「無限ループ」がしばしばみられる。試合にならない試合なのだが、投球過多でケガにつながる恐れだけではなく、子どものやる気がなくなってしまい“野球離れ”の原因になりかねないとの懸念もある。現場からは「盗塁禁止や回数制限などルールを変えるべきではないか」との意見もあれば、「盗塁必要論」を訴える指導者も。果たしてどんな形が望ましいのか。

あわせて読みたい

  • 小・中学時代のケガが再発する選手たち…行き過ぎた「勝利至上主義」は自己肯定感も下げる

    小・中学時代のケガが再発する選手たち…行き過ぎた「勝利至上主義」は自己肯定感も下げる

    AERA

    5/24

    一体どういうこと? 巨人選手の“無関心”で節目の盗塁がおじゃんに…【久保田龍雄】

    一体どういうこと? 巨人選手の“無関心”で節目の盗塁がおじゃんに…【久保田龍雄】

    dot.

    12/30

  • ヤクルト・バレンティン復帰は優勝争いに“悪影響”?
    筆者の顔写真

    東尾修

    ヤクルト・バレンティン復帰は優勝争いに“悪影響”?

    週刊朝日

    9/19

    正々堂々とは程遠い… 個人タイトルをかけた“泥沼の戦い”

    正々堂々とは程遠い… 個人タイトルをかけた“泥沼の戦い”

    dot.

    4/8

  • 深刻な「子どもの野球離れ」大人が引き起こす事情

    深刻な「子どもの野球離れ」大人が引き起こす事情

    東洋経済

    1/11

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す