ハリウッドザコシショウ「舞台でブルブル震え引退を考えたことも」 どん底から救ってくれた1本の電話

ハリウッドザコシショウ

2022/07/27 11:30

「R-1ぐらんぷり2016」優勝を皮切りに、松本人志発案のアマゾンプライムの人気番組「ドキュメンタル」では史上初の3度の優勝、今春からは自身初となる地上波冠番組もスタートするなど、売れっ子芸人の仲間入りを果たしたハリウッドザコシショウ(48、以下:ザコシショウ)。福山雅治をはじめ著名人を過剰にまねる「誇張モノマネ」、「ハンマーカンマー」と連呼する「古畑任三郎漫談」などの特異な芸で知られる。しかし、これまでの活動は決して順風満帆だったわけではない。コンビ解散を経て、ピン芸人になった当初は、舞台に立つことさえ恐怖に感じたこともあるという。ザコシショウがこれまで歩んだ芸人人生とは?AERA dot.のインタビューに応じた。

あわせて読みたい

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す