巨人大勢、広島栗林はどうなる 新人から抑え務めた投手は“短命”に終わるケースも

2022/06/15 18:00

 今年のルーキーで最も驚きの活躍を見せている選手と言えばやはり大勢(巨人)になるだろう。隅田知一郎(西武)の外れ1位ながら、開幕からクローザーに定着すると、ここまで両リーグ最多となる21セーブをマーク。不調のビエイラと故障の中川皓太の穴を見事に埋めており、新人王の最有力候補となっている。昨年も栗林良吏(広島)が大活躍を見せたが、これまでルーキーで抑えを務めた投手はその後どのような成績を残したのか、改めて振り返ってみたいと思う。

あわせて読みたい

  • 昨季大活躍の阪神・佐藤輝明、広島・栗林良吏に「2年目のジンクス」を心配する声

    昨季大活躍の阪神・佐藤輝明、広島・栗林良吏に「2年目のジンクス」を心配する声

    dot.

    1/12

    球団別『平成の絶対的守護神』は誰だ?【パ・リーグ編】

    球団別『平成の絶対的守護神』は誰だ?【パ・リーグ編】

    dot.

    11/11

  • 広島の「新人救援トリオ」が躍動! “投手陣再建”に今後重要となるのは…

    広島の「新人救援トリオ」が躍動! “投手陣再建”に今後重要となるのは…

    dot.

    4/8

    球団別『平成の絶対的守護神』は誰だ?【セ・リーグ編】

    球団別『平成の絶対的守護神』は誰だ?【セ・リーグ編】

    dot.

    11/10

  • エース級になる予感も! ブレークの雰囲気漂う「ドラ1」入団の選手は?【投手編】

    エース級になる予感も! ブレークの雰囲気漂う「ドラ1」入団の選手は?【投手編】

    dot.

    3/16

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す