古代中国の伝承に残るパンダのような不思議な動物とは? 文献からたどるパンダの足あと

書籍

2022/05/17 11:30

 新聞の書評に取り上げられるなど反響を呼び、発売即重版が決まった『パンダとわたし』(黒柳徹子と仲間たち・著)。本の編集過程では、たくさんの取材やインタビューを行いましたが、収録しきれなかったエピソードも多々あります。今回は、本には未収録のインタビューを特別に公開! 中国文学が専門で、パンダファンという東京大学附属図書館特任研究員の荒木達雄先生と、古い文献からその存在をたどってみてわかったこととは?

あわせて読みたい

  • 「師が駆けずり回るほど忙しいから師走」は本当に俗説?和風月名「師走」考

    「師が駆けずり回るほど忙しいから師走」は本当に俗説?和風月名「師走」考

    tenki.jp

    12/1

    日中「パンダ外交」 “国賓級”出迎えの裏で飼育員は竹収集に奔走!?

    日中「パンダ外交」 “国賓級”出迎えの裏で飼育員は竹収集に奔走!?

    週刊朝日

    1/17

  • 小さな猛禽・モズも求愛期に入る二月。「如月」に込められた本来の意味とは?

    小さな猛禽・モズも求愛期に入る二月。「如月」に込められた本来の意味とは?

    tenki.jp

    2/1

    天下の俗説「サ神」信仰の矛盾とは?和風月名「皐月(さつき)」考

    天下の俗説「サ神」信仰の矛盾とは?和風月名「皐月(さつき)」考

    tenki.jp

    5/1

  • 見る前に知っておきたい パンダトリビア20

    見る前に知っておきたい パンダトリビア20

    週刊朝日

    4/5

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す