「オオカミが徘徊した蝦夷」をテーマに北海道の自然を追い求める写真家・水越武

アイヌモシリ オオカミが徘徊した蝦夷地

2022/04/05 17:00

 水越さんが初めて北海道を訪れたのはもう60年以上前のこと。「空と大地の広がりがとても印象に残った」と、振り返る。20歳前、初めての1人旅だった。

あわせて読みたい

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す