なぜわずか1世紀で人の寿命は54年も延びたのか?

書籍

2022/04/16 08:00

 世界の中で日本は平均寿命が最も長く、84.3歳(2021年度版世界保健統計より)。なぜ、現在の私たちはこれほど長く生きられるようになったのか。その背景には「生命を守る」ことを追求してきた人たちがいた。この壮大なる歴史の物語を、米国の人気作家スティーブン・ジョンソンが紡いだのが、『EXTRA LIFE』だ。コロナの影響で世界の平均寿命が短くなったという報告が相次ぐ中、我々はこの「寿命の歴史」から何を学ぶべきなのか。本書を翻訳した、翻訳家の大田直子さんに「寿命の歴史物語」の重要性について解説してもらった。

あわせて読みたい

  • うどん県の悩みは「糖尿病」の死亡率 健康寿命“県民性”で明暗

    うどん県の悩みは「糖尿病」の死亡率 健康寿命“県民性”で明暗

    週刊朝日

    9/19

    見た目が「老けている」人のほうが早く死ぬって本当?

    見た目が「老けている」人のほうが早く死ぬって本当?

    週刊朝日

    5/7

  • “長生きリスク”に年金は? 50歳女性の2人に1人が97歳まで生きる!?

    “長生きリスク”に年金は? 50歳女性の2人に1人が97歳まで生きる!?

    週刊朝日

    8/8

    「老い」は治らない? 70歳からの失望しない生き方とは

    「老い」は治らない? 70歳からの失望しない生き方とは

    dot.

    5/12

  • “肉食系”が長寿なのは「必須アミノ酸」に訳があった

    “肉食系”が長寿なのは「必須アミノ酸」に訳があった

    週刊朝日

    9/3

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す