「第二次世界大戦」中の和平交渉から学ぶ ロシアとウクライナの“妥結点”

ウクライナ

2022/03/10 12:00

 ウクライナへのロシア軍侵攻で、欧州は第二次世界大戦以来の危機的な状況となっています。ヨーロッパの地域紛争の大本を探ると、ほとんどが第二次大戦に起因します。戦史・現代史研究家の山崎雅弘さんは近著『第二次世界大戦秘史』(朝日新書)で、独ソ英仏に翻弄された周辺国の視点で大戦の核心を多面的・重層的に描いています。今回のロシア・ウクライナ戦争について、山崎さんに歴史的な背景と構図を読み解いてもらいました。

あわせて読みたい

  • 停戦交渉は難航必至 ベトナムもアフガンも合意まで5年…過去の協議に見る早期実現の難しさ

    停戦交渉は難航必至 ベトナムもアフガンも合意まで5年…過去の協議に見る早期実現の難しさ

    AERA

    4/13

    ウクライナ侵攻がよくわかる小説『カティンの森』 下重暁子が紹介
    筆者の顔写真

    下重暁子

    ウクライナ侵攻がよくわかる小説『カティンの森』 下重暁子が紹介

    週刊朝日

    4/22

  • 「プーチンは人格が壊れた指導者」 ロシア政治専門家が語るウクライナ侵攻の「誤算」と核攻撃の可能性

    「プーチンは人格が壊れた指導者」 ロシア政治専門家が語るウクライナ侵攻の「誤算」と核攻撃の可能性

    dot.

    3/10

    田原総一朗「メルケル首相のロシア訪問に外交の神髄を見た」
    筆者の顔写真

    田原総一朗

    田原総一朗「メルケル首相のロシア訪問に外交の神髄を見た」

    週刊朝日

    5/21

  • ウクライナの「アフガン化」揃いつつある条件 専門家が懸念する厭戦ロシア軍にシリア兵の影響

    ウクライナの「アフガン化」揃いつつある条件 専門家が懸念する厭戦ロシア軍にシリア兵の影響

    dot.

    3/19

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す