「この病院で手術を受けていいのか」迷ったら…がん専門医が明言する「病院を変えていい」理由

いい病院

2022/03/11 10:00

※写真はイメージです(写真/Getty Images)
※写真はイメージです(写真/Getty Images)

 ある程度の規模の病院でがんと診断がつくと、その病院で手術をする前提で話が進んでいく。一昔前なら、「ほかの病院に変えたい」と思ったところで医師にそんなことは言いづらく、そのままその病院で手術を受ける人も多かっただろう。今回取材をしてみると、いまでもそんな悩みを抱える患者は多いが、逆に医師のほうは「そんなときは遠慮すべきではない。病院を変えてもいい」と断言する。好評発売中の週刊朝日ムック『いい病院2022』(朝日新聞出版)から一部を抜粋してお届けする。

【チャート】がん患者が「病院を変えたい」と悩むことが多い4つのケース

*  *  *

「明日、手術なんです。私、このまま手術を受けて大丈夫でしょうか?」

 日本対がん協会が開設する、「がん相談ホットライン」にかかってきた電話だ。

「どうしてそう思われるのですか? 医療者に不安な気持ちを話してもいいんですよ」

 相談員が声をかけると、

「皆さん、忙しそうで……」

 病室からかけてきたのか、「今、看護師さんが来たので」 と、電話は切れてしまった。

 がん相談ホットラインは2006年から開設されている無料の電話相談だ。がんにかかわる不安や悩みに看護師や社会福祉士が対応し、例年、1万件以上の相談が寄せられてきた。20年はコロナ禍の影響もあり、減ったものの、6964件の相談があった。

 相談支援室マネジャーの北見知美さんによれば、このような相談の中で冒頭のようなケースは珍しくない。

「がんと告知され、冷静でいられる人はいません。検査を受ける中で、『がんが見つかるかもしれない』と思っていても、ショックを受けます。その中で治療法や手術日がどんどん決められていく。ふと我に返ったときに、『この病院でいいのか』と迷い始めることが多いようです」

■転院したいが言い出せないと悩む患者は多い

「迷う」理由は何なのか。よくあるのが、インターネットや家族からさまざまな情報を知り、「今かかっている病院よりも、もっと体制の整った、がんの専門病院などに行ったほうがいいのではないか?」というものだ。

1 2 3 4

あわせて読みたい

  • 【膵がん手術】「切除不能」でも、化学療法で「可能」になるケースが増加中

    【膵がん手術】「切除不能」でも、化学療法で「可能」になるケースが増加中

    dot.

    4/2

    ゴルゴ13さいとう・たかをさん膵臓がん死去 自覚症状なく進行が早いため受診時に転移も

    ゴルゴ13さいとう・たかをさん膵臓がん死去 自覚症状なく進行が早いため受診時に転移も

    dot.

    9/29

  • 【膵がん手術】患者はどう治療法を選べばいい? 専門医が解説「手術可能かどうかは病院で差」

    【膵がん手術】患者はどう治療法を選べばいい? 専門医が解説「手術可能かどうかは病院で差」

    dot.

    3/17

    膵がん 術前治療で長期生存の期待高まる

    膵がん 術前治療で長期生存の期待高まる

    週刊朝日

    4/7

  • 膵がんの新たな放射線治療 費用は?可能な病院は?

    膵がんの新たな放射線治療 費用は?可能な病院は?

    dot.

    8/1

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す