「おとなの猫を飼うのですか?」上海のボス猫と日本人夫婦の保護活動が日中友好の懸け橋に

猫をたずねて三千里

ねこ

2021/12/18 14:00

 飼い主さんの目線で猫のストーリーを紡ぐ連載「猫をたずねて三千里」。今回お話を聞かせてくれたのは、上海の医療機関に勤めている50代の医師、コダマさん。自宅アパートに隣接する公園に暮らすボス猫と心を通わせ、怪我(食欲不振)を機に家に迎えました。治療をして穏やかな日が訪れますが、新たな病が判明……。前編から「ニャジラ」の物語は続きます。

あわせて読みたい

  • 【前編】コロナ禍の上海で出会った手負いのボス猫を家猫に 「幸せにしたい!」日本人夫婦の願い
    筆者の顔写真

    水野マルコ

    【前編】コロナ禍の上海で出会った手負いのボス猫を家猫に 「幸せにしたい!」日本人夫婦の願い

    dot.

    12/18

    今日2月22日は「猫の日」。ところで「さくらねこ」ってご存じですか?

    今日2月22日は「猫の日」。ところで「さくらねこ」ってご存じですか?

    tenki.jp

    2/22

  • 15歳の茶トラ愛猫の看取りと旅立ち 「ここにおるよー」瀕死の借りぐらし猫が喪失感を埋めた
    筆者の顔写真

    水野マルコ

    15歳の茶トラ愛猫の看取りと旅立ち 「ここにおるよー」瀕死の借りぐらし猫が喪失感を埋めた

    dot.

    12/4

    猫と100歳まで生きるニャ!!「週刊朝日」丸ごと1冊猫特集が今年は2大特別付録でパワーアップ

    猫と100歳まで生きるニャ!!「週刊朝日」丸ごと1冊猫特集が今年は2大特別付録でパワーアップ

    12/1

  • 愛猫は最期、甘えた声でナァーンと鳴いて深い眠りについた 闘病と介護、余命に向き合った3カ月
    筆者の顔写真

    水野マルコ

    愛猫は最期、甘えた声でナァーンと鳴いて深い眠りについた 闘病と介護、余命に向き合った3カ月

    dot.

    1/1

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す