情報は“寸止め” 川田裕美の無理せず好かれるコミュニケーション術

仕事

2021/11/26 11:30

 倍率1000倍とも言われる超難関のテレビ局アナウンサーの採用試験。職種を絞って就職活動に挑戦したフリーアナウンサーの川田裕美さんは、面接官になかなか関心を持ってもらえず悩んだ末、それが、自分の情報を出しすぎているせいだと気づきました。就活時の発見は、今でも川田さんを助けてくれていると言います。

あわせて読みたい

  • 剛力彩芽はどこへ向かっている? 「ZOZO面接官」報道否定も「開店休業」を思わせる危機

    剛力彩芽はどこへ向かっている? 「ZOZO面接官」報道否定も「開店休業」を思わせる危機

    dot.

    2/27

    職場でありがちな“不幸な飲み会” 原因は「時間知覚のズレ」

    職場でありがちな“不幸な飲み会” 原因は「時間知覚のズレ」

    AERA

    12/1

  • 【就職氷河期の結婚】機能不全家庭で育ち「内定」も取り消し 就活エリートから転落した女性が結婚をつかむまで

    【就職氷河期の結婚】機能不全家庭で育ち「内定」も取り消し 就活エリートから転落した女性が結婚をつかむまで

    dot.

    7/4

    まるで姑の小言? 「年の差ママ」に疲弊する新米ママたち

    まるで姑の小言? 「年の差ママ」に疲弊する新米ママたち

    dot.

    9/4

  • 就活に「親の出る幕」はある? 母の好アシスト

    就活に「親の出る幕」はある? 母の好アシスト

    AERA

    5/13

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す