日本シリーズでの“挑発コメント”は必ず裏目に? 言ってはいけないその言葉…

日本シリーズ

2021/11/18 18:00

中日の落合博満監督のコメントに西武ナインも奮起?
中日の落合博満監督のコメントに西武ナインも奮起?

 日本シリーズの舌禍事件といえば、1989年のシリーズ第3戦で勝利投手になった近鉄・加藤哲郎の「巨人は(パ・リーグ最下位の)ロッテより弱い」発言を連想するファンも多いはずだ。

【写真】イチローが「本当の天才」と言った男とは?

 実際の加藤の発言は「シーズンのほうがよっぽどしんどかった。相手も強いし」で、巨人打線限定の話だったのだが、これに尾ひれがついて、投打ともに巨人が弱いと言ったかのように報じられてしまった。

 この結果、加藤はヒール役になり、3連敗で王手をかけられた巨人が怒涛の4連勝で逆転Vを達成したことから、“シリーズの流れを変えた発言”として語り継がれることになった。

 短期決戦の日本シリーズは、ちょっとしたきっかけで流れが変わることが多く、時には個人の発言も影響を及ぼすようだ。“加藤発言”以外にも、結果的にシリーズの流れを変えたとされる3つの発言を紹介しよう。

 シリーズ前に「にっくき巨人」と挑発したのが、02年の西武・伊原春樹監督だ。

 4年ぶりのリーグVを決めた西武は9月30日、本拠地・西武ドームで優勝セレモニーを開催。日本一を期待する地元ファンの前で、伊原監督は「にっくき読売巨人軍と戦いますが、必ず日本一になることを誓います」と約束した。

 過激な発言は「アンチ巨人の人もいるから、ちょっと盛り上げてみました」という理由からだったが、その後も“伊原節”は止まらない。

 10月17日に巨人が投手の癖を見抜かれないよう“伊原の目”対策の秘密練習を行うと、「シリーズだからといって、特別なことをやってもねえ」と皮肉めかし、シリーズ開幕前日の10月25日には「4つ勝つことしか考えていない。夢で(巨人に)2つ勝っているし、今日あたり夢を見て、3勝目をいただこうかな」と本番前から王手をかけたような口ぶりだった。

 ところが、いざ蓋を開けてみると、西武は見せ場を作れず、ストレートの4連敗。伊原監督も「短期決戦は勝ったほうが強い。素直にジャイアンツは強かった」と兜を脱ぐ羽目になった。

「にっくき」などと挑発せず、「ウチは胸を借りるだけ」と謙虚に振舞う作戦のほうが、良かったような気もするが……。

NEXT

相手を奮起させた“上から目線”発言

1 2 3

あわせて読みたい

  • 「巨人は面白い野球するね」の皮肉で開戦… 伊原春樹vs野村克也の“火花散る舌戦”

    「巨人は面白い野球するね」の皮肉で開戦… 伊原春樹vs野村克也の“火花散る舌戦”

    dot.

    6/27

    ナベツネ激怒で監督交代に発展も…今年の日本Sだけじゃない、巨人が近年味わった屈辱

    ナベツネ激怒で監督交代に発展も…今年の日本Sだけじゃない、巨人が近年味わった屈辱

    dot.

    12/24

  • ファンに愛される若松勉の“不思議な魅力” 「生真面目男」が残した珍記録&珍発言 

    ファンに愛される若松勉の“不思議な魅力” 「生真面目男」が残した珍記録&珍発言 

    dot.

    10/24

    巨人・藤田元司監督は歴代屈指の名将だった 現代に通じる“気配り”の選手操縦法

    巨人・藤田元司監督は歴代屈指の名将だった 現代に通じる“気配り”の選手操縦法

    dot.

    10/30

  • 巨人のえげつない「4番集め」の過去…打線が重量すぎるが故の“珍事”も発生

    巨人のえげつない「4番集め」の過去…打線が重量すぎるが故の“珍事”も発生

    dot.

    8/1

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す