日本シリーズでの“挑発コメント”は必ず裏目に? 言ってはいけないその言葉…

日本シリーズ

2021/11/18 18:00

「ウチのほうが実力は上」という優越感がポロリと出てしまったことがアダとなったのが、78年の阪急だ。

 前年まで3年連続日本一の“王者”の相手は、球団創設29年目にして悲願の初Vを実現したヤクルト。下馬評はもちろん阪急が圧倒的に有利だった。

 1勝1敗で迎えた第3戦も、左膝関節炎でシーズン4勝に終わった38歳のベテラン・足立光宏が、コーナーを丹念に突いて3安打完封。広岡達朗監督を「あんなピッチングをされたら、打ちようがない」とボヤかせた。

 だが、第6戦以降にもつれた場合、再登板も予想される足立が「もうないほうがええわ。ここ(本拠地・西宮)で決まるような気がする」と発言したことが、シリーズの流れを微妙に変える。膝の状態が良くないので、再登板は回避したいというニュアンスだったのだが、4勝1敗で阪急のV4達成をほのめかすような発言は、完封負けの屈辱とともにヤクルトの発奮材料になった。

 翌日の第4戦、阪急は5回まで5対0とリードしながら、9回2死からまさかの逆転負け。第5戦も敗れ、本拠地Vどころか、王手をかけられてしまう。

 そして、3勝3敗で迎えた第7戦、先発・足立は0対1の6回、大杉勝男に内角シュートを左翼ポール際に運ばれ、本塁打と判定された。

 この“疑惑の判定”をめぐり、上田利治監督の猛抗議で試合が1時間19分中断。試合再開後、肩がすっかり冷えた足立は降板し、無念の思いでヤクルトの日本一を目の当たりにすることになった。

 流れが変われば、運も逃げていくことを痛感させられたシリーズでもあった。

 足立同様、本拠地つながりの発言が結果的に裏目となったのが、04年の中日・落合博満監督だ。

 10月17日の第2戦、中日は立浪和義の3ランなどで西武のエース・松坂大輔をKO。11対6と大勝し、1勝1敗とした。

 試合後、落合監督は「この2試合でやっと落ち着けたんじゃないのかな。西武ドームでの3連戦もきちんとしたウチの野球ができると思う」と自信をのぞかせた。

NEXT

「ナゴヤドームに帰ってこない可能性もありますよ」

1 2 3

あわせて読みたい

  • 「巨人は面白い野球するね」の皮肉で開戦… 伊原春樹vs野村克也の“火花散る舌戦”

    「巨人は面白い野球するね」の皮肉で開戦… 伊原春樹vs野村克也の“火花散る舌戦”

    dot.

    6/27

    ナベツネ激怒で監督交代に発展も…今年の日本Sだけじゃない、巨人が近年味わった屈辱

    ナベツネ激怒で監督交代に発展も…今年の日本Sだけじゃない、巨人が近年味わった屈辱

    dot.

    12/24

  • ファンに愛される若松勉の“不思議な魅力” 「生真面目男」が残した珍記録&珍発言 

    ファンに愛される若松勉の“不思議な魅力” 「生真面目男」が残した珍記録&珍発言 

    dot.

    10/24

    巨人・藤田元司監督は歴代屈指の名将だった 現代に通じる“気配り”の選手操縦法

    巨人・藤田元司監督は歴代屈指の名将だった 現代に通じる“気配り”の選手操縦法

    dot.

    10/30

  • 巨人のえげつない「4番集め」の過去…打線が重量すぎるが故の“珍事”も発生

    巨人のえげつない「4番集め」の過去…打線が重量すぎるが故の“珍事”も発生

    dot.

    8/1

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す