首都圏新築マンション平均価格「6702万円」の衝撃 住宅ジャーナリストが読み解く高値の“カラクリ”

新築マンション

2021/10/28 07:00

 18日、不動産経済研究所が発表した2021年度上半期(4~9月)の新築マンションの平均価格は1都3県で6702万円という驚きの価格となった。前年同期比で10.1%増。1973年の調査開始以来、上半期として過去最高額だという。もはや庶民が手を出せないほどの価格となった首都圏の新築マンション。なぜこんなにも高いのか。一体どういう層が購入しているのか。35年以上にわたりマンション市場を分析してきた、住宅ジャーナリストの榊淳司氏に緊急寄稿してもらった。

あわせて読みたい

  • 「本当の人気エリア」は目黒・杉並よりも墨田・荒川! 完売までの販売日数でマンションの価値が見えた

    「本当の人気エリア」は目黒・杉並よりも墨田・荒川! 完売までの販売日数でマンションの価値が見えた

    AERA

    2/18

    世田谷のマンション市場で何が起きているのか

    世田谷のマンション市場で何が起きているのか

    AERA

    8/14

  • 「売れてない」のに「価格上昇」の原因は大手による寡占化 即日完売で担当者が左遷される理由とは?

    「売れてない」のに「価格上昇」の原因は大手による寡占化 即日完売で担当者が左遷される理由とは?

    AERA

    2/24

    首都圏新築マンション価格、東京都外で高い上昇率 価格上昇の背景は

    首都圏新築マンション価格、東京都外で高い上昇率 価格上昇の背景は

    AERA

    11/26

  • マンション高騰の裏で設備がチープ化?ローン返せない共働き夫婦も 超低金利時代の落とし穴

    マンション高騰の裏で設備がチープ化?ローン返せない共働き夫婦も 超低金利時代の落とし穴

    dot.

    11/26

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す