“お金絡み”で交渉が一転暗礁も…プロ野球入りを「突然拒否」した男たち 

2021/10/16 18:00

 今年で57回目を迎えたドラフト会議。近年は入団を拒否する選手もほとんどいなくなり、過去10年間でも、2011年の日本ハム1位・菅野智之(現巨人)と16年の日本ハム6位・山口裕次郎(現JR東日本)の2人だけだ(育成は除く)。

あわせて読みたい

  • 「あの球団はいやだ」が一転…選手の入団拒否を覆した監督の“驚くべき行動”

    「あの球団はいやだ」が一転…選手の入団拒否を覆した監督の“驚くべき行動”

    dot.

    11/11

    「巨人でなきゃイヤ!」“超ワガママ”だった昔のドラフト候補たち

    「巨人でなきゃイヤ!」“超ワガママ”だった昔のドラフト候補たち

    dot.

    10/15

  • 指名選手はたまらん…ドラフト会議で起きた“人生を変えた珍事”

    指名選手はたまらん…ドラフト会議で起きた“人生を変えた珍事”

    dot.

    10/26

    草野球からプロ入りも…「その経歴でなぜ?」とざわついた過去のドラフト指名

    草野球からプロ入りも…「その経歴でなぜ?」とざわついた過去のドラフト指名

    dot.

    12/19

  • 【ドラフト2017】ヤクルト 即戦力の社会人投手で崩壊したチームを再建せよ!

    【ドラフト2017】ヤクルト 即戦力の社会人投手で崩壊したチームを再建せよ!

    dot.

    10/15

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す