爪の変色で考えられる病気は? 白く濁る、緑色、黄色、黒色の線…皮膚科医が解説

現役皮膚科医がつづる “患者さんと一緒に考えたいこと、伝えたいこと”

ヘルス

2021/10/15 07:00

 手足の指の先にある爪。この爪にも病気が発生することがあります。爪に黒色の線がある場合、悪性黒色腫というがんの可能性があります。爪の症状から考えられる病気について、近畿大学医学部皮膚科学教室主任教授の大塚篤司医師が解説します。

あわせて読みたい

  • かゆくない水虫…自覚症状ない「爪白癬」は治療に1年

    かゆくない水虫…自覚症状ない「爪白癬」は治療に1年

    週刊朝日

    7/25

    爪水虫は内服薬で治療 来年は新薬も発売!

    爪水虫は内服薬で治療 来年は新薬も発売!

    週刊朝日

    8/5

  • 「爪のけがを放置していたら、がんだった」 爪が黒くなったときの病気の違いとは?
    筆者の顔写真

    大塚篤司

    「爪のけがを放置していたら、がんだった」 爪が黒くなったときの病気の違いとは?

    dot.

    6/21

    黒い縦線が出たら要注意! 爪でわかる健康チェック法

    黒い縦線が出たら要注意! 爪でわかる健康チェック法

    週刊朝日

    9/21

  • 10人に1人が感染の爪水虫 ごしごし洗いでリスク増

    10人に1人が感染の爪水虫 ごしごし洗いでリスク増

    週刊朝日

    7/25

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す