「高齢者専用弁当屋配達員」だった写真家・福島あつしが写す独居老人の“食”と“生”

ぼくは独り暮らしの老人の家に弁当を運ぶ

2021/10/11 17:00

 写真家の福島あつしさんが宅配弁当を手に独居老人の家を訪れ、撮影した作品集『ぼくは独り暮らしの老人の家に弁当を運ぶ』(青幻舎)を出版した。福島さんに聞いた。

あわせて読みたい

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す