「忙しくてトイレに行く時間もない!」 学校の先生たちの悲鳴に“働き方改革”のプロが考えたこと

働き方改革

2021/10/04 10:00

 世界でもっとも長時間勤務をしているともいわれる日本の学校教員。2018年に48の国や地域が参加して行われた「OECD国際教員指導環境調査(TALIS) 」では、日本の先生の勤務時間は小学校で週54.4時間、中学校で週56時間と、参加国・地域の中で最長だった(初等教育は15か国の調査)。一般に「過労死ライン」と呼ばれる月80時間を超えて残業している先生も多くいるという調査結果もある。はたして先生の「働き方改革」は可能なのか? 実際に調査に当たっている現場の声を聞いてみた。

あわせて読みたい

  • ガラス割った生徒の親「ここに石があるのが悪い」

    ガラス割った生徒の親「ここに石があるのが悪い」

    週刊朝日

    6/24

    「先生たちにも働き方改革を」 尾木ママらシンポジウムで訴え

    「先生たちにも働き方改革を」 尾木ママらシンポジウムで訴え

    AERA

    7/26

  • 学校の先生が忙しすぎる プリント、集金… 校務に追われ授業準備ができない

    学校の先生が忙しすぎる プリント、集金… 校務に追われ授業準備ができない

    AERA

    8/19

    小学校高学年で教科担任制導入の動き 教師や保護者が歓迎する理由は…

    小学校高学年で教科担任制導入の動き 教師や保護者が歓迎する理由は…

    AERA

    5/11

  • 楽しい学校再開のはずが、うつや不登校に苦しむ子どもたち  「頑張れ」のかけ声は絶対ダメ!

    楽しい学校再開のはずが、うつや不登校に苦しむ子どもたち  「頑張れ」のかけ声は絶対ダメ!

    週刊朝日

    6/23

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す