「笑ってはいけない」休止でも、還暦前に“レギュラー急増”の浜田雅功の怪

ダウンタウン

2021/09/28 11:30

浜田雅功(C)朝日新聞社
浜田雅功(C)朝日新聞社

 来年の4月でデビュー40周年を迎えるダウンタウンの浜田雅功(58)。相方・松本人志の言動に注目が集まることも多いが、実は浜田の息の長い活躍ぶりや売れ方もすさまじい。

【写真】上田晋也に「天才」と言われながら25年間パッとしなかったのはこの人!


 ダウンタウンとしてはレギュラー番組を3本持ちながら、個人でも4本のゴールデン番組と2本の深夜番組にレギュラー出演中だ。すでに悠々自適な大御所芸人でありながら、若手売れっ子芸人並みの多忙なスケジュールを送っている。

 お笑い番組に長年携わってきた民放バラエティー番組制作スタッフはこう言う。

「松本さんが『最近浜田はテレビに出すぎ』だとボヤくほど、これほどのキャリアなのに働きまくっています。その要因は、やはり浜田さんの仕切りの安定感。梅沢富美男さんなど上の世代にもガンガンいけますし、第7世代ら下の世代からはリスペクトされつつも、しっかりと“恐れられて”いる。そのため、全世代を“回せる”唯一の司会者として高い評価を得ています。また、浜田さんの番組は芸人やタレント、俳優などがたくさん出演することが多いのですが、浜田さんの声は高くてよく通るので、仕切り役としては適任。人数が多いと爪痕を残そうと変なボケをしてくるタレントがいるのですが、浜田さんが放つ緊張感でそれも封じられる。結果、番組収録はとても円滑に進み、制作サイドも無駄なシーンがないため編集しやすい。松本さんがボケの天才なのは誰もが認めるところですが、浜田さんが司会の天才だということは、もっと評価されてもいいと思います」

 4月からは浜田がMCを務める「オオカミ少年」がゴールデン帯に進出。16年前に深夜帯で始まった番組が突如復活したとあって、話題となった。

「10年以上前の深夜番組がゴールデンで復活するのは前代未聞ですが、これも今の浜田さんの人気を象徴しているかもしれません。SixTONESの二人をレギュラーに迎え、浜田さんとの相性も抜群にいい。まだ経験の浅いアイドルたちを一流のツッコミでさばいておいしくしているので、SixTONESのファンも見ていて楽しいでしょうし、19時台のバラエティーとしてはお手本のようなわかりやすさがあります。昔の浜田さんはもっとイケイケでしたが、還暦を目前に控え、タレントとしても人間としても落ち着いた印象を受けます。浜田さんの上の世代の司会者はほとんどが第一線を退いたため、少なくともあと5年は、浜田さんが『最強の司会者』の時代が続くと思います」(前出の制作スタッフ)

NEXT

「浜田さんだけは“治外法権”」

1 2

あわせて読みたい

  • 「関西回帰」する松本人志が葛藤する視聴率と引き際

    「関西回帰」する松本人志が葛藤する視聴率と引き際

    dot.

    11/24

    浜田雅功にあっかんべーをやって認められた芸人「プラス・マイナス」岩橋のクセとは?
    筆者の顔写真

    中西正男

    浜田雅功にあっかんべーをやって認められた芸人「プラス・マイナス」岩橋のクセとは?

    dot.

    8/14

  • 高視聴率を叩き出すダウンタウン浜ちゃんの最大の武器とは?
    筆者の顔写真

    ラリー遠田

    高視聴率を叩き出すダウンタウン浜ちゃんの最大の武器とは?

    dot.

    2/10

    浜田ばみゅばみゅが最初で最後の囲み取材 「化粧したかったです」

    浜田ばみゅばみゅが最初で最後の囲み取材 「化粧したかったです」

    Billboard JAPAN

    12/16

  • 松本人志の爆弾発言で吉本社長会見へ「全部わかると、何だったかとなりかねない」(関係者)

    松本人志の爆弾発言で吉本社長会見へ「全部わかると、何だったかとなりかねない」(関係者)

    週刊朝日

    7/21

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す