五輪より大谷翔平?二刀流で5勝目も「大谷ロス」でファン嘆き 米国メディアは結果に一喜一憂

2021/07/27 14:08

7回1失点と好投した大谷翔平(写真/Gettyimages)
7回1失点と好投した大谷翔平(写真/Gettyimages)

「大谷ロス」そんな言葉がSNS上をにぎわすようになったのは7月下旬のことだった。東京五輪が始まり、それまで大谷の出場試合のほとんどを中継していたNHKは五輪の試合放送にシフト。大谷の試合をテレビで観戦する機会は激減した。

【写真】美しい筋肉、私服ファッション、着物姿まで…大谷翔平お宝写真ギャラリーはこちら



 五輪開始以降、ツイッターでは「五輪より大谷翔平」「大谷の笑顔をみせてくれ」という悲鳴にも似たつぶやきが投稿された。スポーツ紙の報道によると、NHKは五輪期間中にもBS1で数試合を放送すると明らかにしたようだが、大谷の熱狂的なファンからすれば、以前のように大谷の活躍を生で見たいというのが本音だろう。

 大谷は26日(日本時間27日)、本拠地でのコロラド・ロッキーズ戦に先発投手、2番DHとして出場。第一打席に先制点となるタイムリー安打を放ち、投手としては7回5奪三振無四球、5安打1失点と好投。エンゼルスは6-2で勝利し、大谷は5勝目をあげた。

 そんな大谷ではあるが、オールスター後はいまいち調子が上がらないようだった。事実、オールスター後の6試合で14三振を喫してしまっている。翌23日の試合でも、球宴後では初めて先発メンバーから外れ、現地からは「不調なのでは」という心配の声も上がりはじめている。

 だが、後半戦はまだ始まったばかり。25日(日本時間26日)のツインズ戦では「2番・DH」で出場し、35号を放った。エンゼルスの地元紙『オレンジカウンティ・レジスター』のジェフ・フレッシャー記者は自身のSNSで、「サンプル数が少なすぎて取り乱すには早すぎるが、注視はすべき」と述べ、注目はすれど騒ぎ立てるほどではないとくぎを刺すが、同記者の言う通りである。

 たしかに、前半戦の特に終盤は、打撃も絶好調でホームランも連続で放っていた。だが一方で、前半戦でもホームランが何日も出なかったこともあり、今が特別悪いということは一切ない。また、投手としては、後半戦で初めて登板した19日のアスレチックス戦では、6回3安打無失点、8奪三振という見事な投球を披露しており、「大谷は不調だ」と断言するにはまだ早い。

1 2 3

あわせて読みたい

  • 31号でキング独走中の大谷翔平 現地メディアから「二刀流は止めさせたほうが良い」の声が再燃

    31号でキング独走中の大谷翔平 現地メディアから「二刀流は止めさせたほうが良い」の声が再燃

    dot.

    7/6

    大谷翔平が103年ぶりの偉業に王手 それでも米国で「大谷って誰?」の理由

    大谷翔平が103年ぶりの偉業に王手 それでも米国で「大谷って誰?」の理由

    dot.

    9/9

  • 大谷翔平が二刀流出場で8勝目&40号!現地メディアの年俸予想が過熱

    大谷翔平が二刀流出場で8勝目&40号!現地メディアの年俸予想が過熱

    dot.

    8/19

    球宴で商業的成功を収めたMLB 大谷翔平を活用した今後のマーケティング計画とは

    球宴で商業的成功を収めたMLB 大谷翔平を活用した今後のマーケティング計画とは

    dot.

    7/15

  • 打撃不調の大谷翔平はMVPを受賞できるのか!?現地メディアから漏れ出した本音

    打撃不調の大谷翔平はMVPを受賞できるのか!?現地メディアから漏れ出した本音

    dot.

    8/12

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す