史上初の大リーグ球宴二刀流出場の大谷翔平 テレ朝、NHKが生中継に勝負をかける理由 (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

史上初の大リーグ球宴二刀流出場の大谷翔平 テレ朝、NHKが生中継に勝負をかける理由

上田耕司dot.
エンゼルスの大谷翔平選手 (c)朝日新聞社

エンゼルスの大谷翔平選手 (c)朝日新聞社

 MLBのホームランダービーに日本人として初出場したロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手(27)を、NHK総合が13日午前9時5分から、地上波で生中継した。

【写真】“驚くほど美しい妻”と米で話題になった野球選手の奥様はこちら(他7枚)

「いやあ、大谷君は残念でしたね。まさか、延長、延長でこういう展開になるとは思わなかった」と、競技を見た直後に語るのはメディア文化評論家の碓井広義氏だ。

「私はNHKのBSでは、いつも大谷君の試合を見てます。NHKが総合(1チャンネル)で生中継したのは異例の編成と言っていいと思います。この時間帯は普段なら情報番組の『あさイチ』(午前8時15分~9時54分)を放送していますが、それを午前9時までに短縮するという事態は国会中継くらい。それくらいの国民的関心事という判断です」(碓井氏)

 MLBのアメリカ・コロラド州のロッキーズの本拠地クアーズ・フィールド球場で開催されたホームランダービー。大谷は1回戦で対戦したナショナルズのソトに、ドロー2回の末、「3スイング」の延長戦で敗れた。優勝賞金100万ドル(約1億1000万円)をせしめたのはメッツのアロンソだった。

「彼が1回戦で敗退したのは予想外だったかもしれないけれど、NHKは普段、BSでも常に大谷君の出る試合を放送しているわけですから、日本で一番、『大谷押し』の放送局ではないかと思います」(同)

 NHKは受信料をめぐり様々な疑問や議論が出ている。

「そういった状況で、皆さんが関心のあることに関しては全力でそれをお伝えしますという姿勢を見せている。少なくともNHKは大谷君に関しては全部見せますよというのが伝わって来ました」

 現地のレポーターには元NHKアナウンサーで、現在はフリーアナの久保純子を起用した。

「『あさイチ』を見ている視聴者は主婦層が多いし、年齢の高い人たちが多い。今どきの若いアナではなく、49歳のアラフィフのクボジュンを持って来たのは違和感がなかった。NHKなりの配慮もしくはサービスだったのでしょう」(同)


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい