『鬼滅の刃』上弦の壱・黒死牟が「月の呼吸」を使う意味 “太陽”だった弟・縁壱への嫉妬と絆

月の呼吸

2021/07/08 11:00

『鬼滅の刃』に登場する鬼の中には、圧倒的な剣技を誇る「上弦の壱」黒死牟がいる。彼は鬼でありながら、鬼殺隊と同じ「呼吸」という戦闘術を使う。鬼を滅殺するためにあみ出された「呼吸」を、なぜ鬼が操るのか。黒死牟が鬼になった経緯をふり返り、彼が「呼吸を使う鬼」として、何をなしえたかったのか考察する。【※ネタバレ注意】以下の内容には、既刊のコミックスのネタバレが含まれます。

あわせて読みたい

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す