小室さんの「自惚れ屋」のお面が英米で販売好調? NY州弁護士だけでなく、香港で活躍の可能性 (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

小室さんの「自惚れ屋」のお面が英米で販売好調? NY州弁護士だけでなく、香港で活躍の可能性

眞子さまの婚約内定者小室圭さん(c)朝日新聞社

眞子さまの婚約内定者小室圭さん(c)朝日新聞社

小室さんの「お面」販売サイトの画面(現在は商品削除)>>画像の続き

小室さんの「お面」販売サイトの画面(現在は商品削除)>>画像の続き

小室さん「お面」販売終了

小室さん「お面」販売終了

 秋篠宮家の長女、眞子さま(29)との結婚が暗礁に乗り上げている小室圭さん(29)。米国では、「小室さんのマスク(お面)」が販売されるなど、批判報道は、彼の知名度をあげたようだ。いまは知名度に見合う活躍、とは言いがたいが、NY州弁護士に合格すれば、NYに限らず香港やシンガポールなどビジネスマンとしての拠点は広がりそうだ。

【画像】米英で販売されていた小室さんの「お面」を見る
*  *  *
 kei Komuro Big Head Larger than life mask. US 24.97

 ebayや米国Amazonなど、ショッピングサイトで販売されていた「小室さんマスク(お面)」のセールスコピーだ。タイトルにある「Big Head」というのは、マスクのシリーズ名。実際、サイズは段ボール製で横幅44センチ、縦幅60センチと巨大で、そして、「Big Head」という単語には、「自惚れ屋」「頭でっかちで不安定」「気取った」という意味もある……。
「Big Head」シリーズは、マスク(お面)の大きさと言葉遊びの意味でつけたのだろう。

「マスク」と言っても、日本の感覚でしっくりくる表現は、「お面」だ。この巨大な「小室さんお面」は、顔に掲げるほか、壁に飾ることもできる仕立てで、お値段は本体24.97ドル+送料含めて計32.94ドル。日本円で、3600円ほどである。確認できる範囲では、1年以上前から売られていた。

 販売元は、米国デラウェア州のニューキャッスルと英国のレットフォードに拠点を置く「Celebrity Cutouts」という業者。ただし商品を送ってもらえるのは、英米の住所のみで日本では入手できない。

 海外事情に詳しいジャーナリストの多賀幹子さんによれば、パーティーやハロウィンで使われる仮面の一種。海外の土産物屋にゆくと、ハリウッドセレブや大統領や首相らの仮面がずらりとならんでいることがあるという。

「それにしても、小室さんの仮面まで商品になっているとは驚きました。米国はまだ分かりますが、英国でも購入できたことが驚きです」(多賀さん)

 英国では、エリザベス女王やチャールズ皇太子、キャサリン妃やウィリアム王子など王室メンバーのマスクも、土産物店の棚に並ぶ。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい