『鬼滅の刃』恋柱・甘露寺蜜璃が見つけた「真実の恋」

伊黒小芭内

2021/06/09 11:00

『鬼滅の刃』は集団戦のバトル漫画であると同時に、キャラクターたちの心情が細かに表現されており、個々の「人生」がうかがえることも人気の秘密である。その中には「恋愛」もいくつか描かれているが、決して多くはない。そんな中で読者の心をつかんでいるのは、鬼殺隊実力者の「柱」である、甘露寺蜜璃と伊黒小芭内のエピソードである。蜜璃が「恋柱」である必然性も含めて、なぜ2人の恋が物語で重要だったのかを考察する。【※ネタバレ注意】以下の内容には、既刊のコミックスのネタバレが含まれます。

あわせて読みたい

  • 『鬼滅の刃』炭治郎はなぜ甘露寺蜜璃だけに“素直”で“従順”なのか――蜜璃が秘める「強い姉」としての素顔

    『鬼滅の刃』炭治郎はなぜ甘露寺蜜璃だけに“素直”で“従順”なのか――蜜璃が秘める「強い姉」としての素顔

    dot.

    7/17

    「蛇鬼」を憎んでいた伊黒小芭内は、なぜ「蛇柱」を名乗ったのか

    「蛇鬼」を憎んでいた伊黒小芭内は、なぜ「蛇柱」を名乗ったのか

    dot.

    3/14

  • 『鬼滅の刃』恋柱・甘露寺蜜璃の「強さ」と「覚悟」 「お色気」キャラではない真の魅力

    『鬼滅の刃』恋柱・甘露寺蜜璃の「強さ」と「覚悟」 「お色気」キャラではない真の魅力

    dot.

    2/26

    『鬼滅の刃』「刀鍛冶の里編」に登場する2人の“天才”――甘露寺蜜璃と時透無一郎の「才能」と「宿命」

    『鬼滅の刃』「刀鍛冶の里編」に登場する2人の“天才”――甘露寺蜜璃と時透無一郎の「才能」と「宿命」

    dot.

    6/9

  • 甘露寺蜜璃と胡蝶しのぶ 『鬼滅の刃』で2人の「女神(ミューズ)」が必要だった意味

    甘露寺蜜璃と胡蝶しのぶ 『鬼滅の刃』で2人の「女神(ミューズ)」が必要だった意味

    dot.

    12/26

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す