新国家建設の中心となった明治天皇 全国を回る「巡幸」で見せた洋装の真意

歴史道

2021/06/02 08:00

 日本が近代化に向けて大きく動き出した明治時代。明治国家の「建国の父祖」として君臨していたのが明治天皇である。週刊朝日ムック『歴史道 Vol. 15』では、その明治天皇を特集。大日本帝国憲法の発布や日清・日露戦争の勝利など、西欧列強に負けない国家をけん引する役割を担った人物の真実とは――。

あわせて読みたい

  • 新政府が仰いだ「明治天皇」の実像 大久保利通らが目指した「政」と「軍」の中心とは

    新政府が仰いだ「明治天皇」の実像 大久保利通らが目指した「政」と「軍」の中心とは

    dot.

    6/1

    平成の皇室の象徴「ひざまずき」のスタイルはいかにして生まれたのか?

    平成の皇室の象徴「ひざまずき」のスタイルはいかにして生まれたのか?

    AERA

    4/30

  • 天皇のルーツとは? 歴史に翻弄され続けた「天皇の権威」を振り返る

    天皇のルーツとは? 歴史に翻弄され続けた「天皇の権威」を振り返る

    AERA

    5/10

    みるみるわかる「即位の礼」 歴史と伝統を徹底解説!

    みるみるわかる「即位の礼」 歴史と伝統を徹底解説!

    週刊朝日

    10/22

  • イスラエル人は天皇陛下に関心が高い
    筆者の顔写真

    Nissim Otmazgin

    イスラエル人は天皇陛下に関心が高い

    dot.

    1/17

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す