急成長の「無人冷凍餃子」なぜ盗まれない? 販売元が明かす「料金箱」のひと工夫とは

2021/05/21 11:00

 無人販売といえば野菜が定番だが、最近、24時間営業の「無人冷凍餃子」直売所が各地に登場している。備え付けの冷凍庫に入っている餃子を客が取り出し、料金箱にお金を入れて買っていくシステムだ。なぜ令和の時代に昔ながらの「無人販売」なのか。盗まれたりはしないのだろうか――。販売元に聞いてみた。

あわせて読みたい

  • しいたけを銀座で路上販売 通行人「なめてるのか!」

    しいたけを銀座で路上販売 通行人「なめてるのか!」

    AERA

    4/13

    「赤字覚悟のサービス」はウソ! 回転寿司屋が明かす黒字化のカラクリとは
    筆者の顔写真

    岡本浩之

    「赤字覚悟のサービス」はウソ! 回転寿司屋が明かす黒字化のカラクリとは

    AERA

    2/19

  • 会計はまさかの賽銭箱?「ニューノーマル」な完全非接触サービスが拡大中

    会計はまさかの賽銭箱?「ニューノーマル」な完全非接触サービスが拡大中

    AERA

    5/22

    コロナ社会の「勝ち組」は? 象印、シヤチハタ、無人ギョーザ店も

    コロナ社会の「勝ち組」は? 象印、シヤチハタ、無人ギョーザ店も

    週刊朝日

    5/18

  • 編集部が人気の冷凍餃子10種を食べ比べ 三ツ星をゲットしたのは…

    編集部が人気の冷凍餃子10種を食べ比べ 三ツ星をゲットしたのは…

    AERA

    7/7

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す