巨人・菅野が登録抹消で長期離脱の恐れ「好条件でメジャー挑戦は厳しい」とスカウト (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

巨人・菅野が登録抹消で長期離脱の恐れ「好条件でメジャー挑戦は厳しい」とスカウト

dot.
巨人のエース、菅野智之(C)朝日新聞社

巨人のエース、菅野智之(C)朝日新聞社

 巨人のエース、菅野智之(31)が5月8日、今季2度目の登録抹消となった。7日の巨人―ヤクルト戦(東京ドーム)で、巨人が2点リードで勝利投手の権利がかかった5回に菅野の交代が場内アナウンスされると、三塁側のヤクルトの選手たちは驚きの顔を浮かべていた。

【写真】“驚くほど美しい”と米で話題になった日本人野球選手の妻は? 

 緊急降板した理由は右肘の違和感。4回を投げて51球で2安打無失点と完ぺきな結果だが、投球内容を見ると普段の菅野とは違う。直球は11球のみで変化球が8割近い40球。球も走らない。平均球速が150キロ近いが、4回にオスナを右飛に仕留めた直球は140キロ。投球の合間に肘を気にする素振りも見られた。

 菅野は3月26日のDeNA戦(東京ドーム)で開幕投手を務めたが、4日後の30日に足の違和感で登録抹消された。昨年は開幕13連勝を含む14勝2敗、防御率1.97。3度目の最多勝、初の最高勝率(.875)、2度目のリーグMVPを受賞してリーグ連覇に大きく貢献するなど力に陰りはない。懸念されるのが勤続疲労だ。

「菅野も31歳ですからね。入団以来、毎年先発で投げ続けていれば、故障のリスクも当然高まる。心配なのは今回の故障個所が右肘だったこと。球速が普段より10キロも落ちていることを軽症と判断するのは危険です。巨人のエースとして不可欠な存在ですが、長期離脱も想定しなければいけないでしょう」(スポーツ紙デスク)

 東京五輪では侍ジャパンのエースとして期待されているだけに、状態が気にかかる。また、叶えていないもう一つの夢がある。

 昨オフにポスティングシステムによるメジャー移籍を目指したが、メジャーの球団と契約合意に至らず、1億5000万円増となるプロ野球史上最高額の年俸8億円で巨人残留が決定。今オフに海外FA権を行使して再びメジャー挑戦する可能性は十分に考えられるが、雲行きは怪しい。

 菅野の投球を新人の時から視察しているメジャー球団のスカウトはこう語る。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい