がんに光を当てて破壊する「光免疫療法」治療開始 開発医師が語る苦闘の34年間

がん

2021/05/06 10:00

 がん細胞に光を当てることで薬剤が反応し、がんを破壊する――2020年に日本で薬事承認・保険収載された「光免疫療法」。すでに一部のがんに対し国内で治療が始まっている。開発したのは、アメリカで研究を続け、関西医科大学が設置する研究所に22年4月に就任予定の小林久隆医師だ。小林医師には、「シンプルで、安く安全な治療」へのこだわりがあった。現在発売中の『手術数でわかる いい病院2021』で、小林医師に話を聞いた。

あわせて読みたい

  • 楽天・三木谷浩史「父のがん治療には間に合わなかったが」 光免疫療法に懸ける思い

    楽天・三木谷浩史「父のがん治療には間に合わなかったが」 光免疫療法に懸ける思い

    dot.

    5/6

    がん「夢の治療法」となるか 副作用がほとんどない新治療法

    がん「夢の治療法」となるか 副作用がほとんどない新治療法

    AERA

    3/6

  • 楽天・三木谷浩史「父のがん治療には間に合わなかったが」 光免疫療法に懸ける思い

    楽天・三木谷浩史「父のがん治療には間に合わなかったが」 光免疫療法に懸ける思い

    dot.

    5/6

    がん治療“第4の柱”と期待される「免疫療法」 米で新たな治療法も

    がん治療“第4の柱”と期待される「免疫療法」 米で新たな治療法も

    AERA

    2/10

  • がん細胞を破壊する画期的な治療法は、テレビリモコンと同じ光を当てる? 医師が解説

    がん細胞を破壊する画期的な治療法は、テレビリモコンと同じ光を当てる? 医師が解説

    週刊朝日

    8/14

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す