TKO木下、ナダル、クロちゃん「クズ芸人」 借金、遅刻癖、女癖”クズっぷり”が今ウケる理由 (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

TKO木下、ナダル、クロちゃん「クズ芸人」 借金、遅刻癖、女癖”クズっぷり”が今ウケる理由

連載「道理で笑える ラリー遠田」

ラリー遠田dot.#クズ芸人#ラリー遠田
クズ芸人のひとりコロコロチキチキペッパーズのナダル(C)朝日新聞社

クズ芸人のひとりコロコロチキチキペッパーズのナダル(C)朝日新聞社

 最近のお笑い界では「クズ芸人」がちょっとしたブームになりつつある。借金や遅刻癖や女癖の悪さなどの「クズ」な要素を持つ芸人たちが注目を集める機会が増えているのだ。

【写真】くりぃむ上田に「天才」と言われながら25年間パッとしなかったのはこの人!

 例えば、4月29日放送の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)では「そこまでするか!ラクして楽しく生きるクズ芸人の処世術!」という企画が行われ、ドランクドラゴンの鈴木拓、オズワルドの伊藤俊介、ザ・マミィの酒井貴士、ラランドのニシダなどがクズ芸人として紹介されていた。

 彼らは遅刻を繰り返していたり、借金を重ねていたり、金に汚かったりする。スタジオでは彼らの問題行動の数々が明かされていた。

 4月24日深夜放送の『ゴッドタン』(テレビ東京)では、アンガールズの田中卓志が、クズ芸人たちをその特徴から「金」「性悪」「サイコ」の3つに分類していた。

「金」とは多額の借金を抱えていることで、岡野陽一や空気階段の鈴木もぐらが当てはまる。「性悪」とは性格が悪いことで、鬼越トマホーク、とろサーモンの久保田かずのぶ、TKOの木下隆行が当てはまる。「サイコ」とは常人の理解を超えたキャラクターを持っていることで、コロコロチキチキペッパーズのナダルや安田大サーカスのクロちゃんが当てはまる。

 また、2019年9月12日に放送された『アメトーーク!』(テレビ朝日)で行われた「私生活芸人っぽい芸人」という企画でも、いわゆるクズ芸人の定義に近い「私生活芸人っぽい芸人」が取り上げられていた。この企画に出演していたのは、千鳥の大悟、納言の薄幸、見取り図の盛山晋太郎、岡野陽一、鈴木もぐらというメンバー。彼らは、タバコ、深酒、ギャンブル、借金などの特徴を持っていて、昔ながらの芸人らしさを備えている。

 ギャンブル中毒も、多額の借金を抱えているのも、遅刻癖があるのも、一般社会では許されることではない。本人が信用を失うだけでなく、周囲に迷惑をかけてしまうこともある。そんなクズ芸人たちが、なぜお笑いの世界では面白おかしく取り上げられ、注目を集めているのか。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい