田中将大を神格化しすぎ? 「2ケタ勝利が御の字」と他球団スコアラーの声 (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

田中将大を神格化しすぎ? 「2ケタ勝利が御の字」と他球団スコアラーの声

梅宮昌宗dot.
試合後、笑顔がなかった楽天の田中将大(C)

試合後、笑顔がなかった楽天の田中将大(C)

  試合後、マー君のはじける笑顔は見られなかった。

【写真】“驚くほど美しい妻”と米で話題になったマー君の奥様はこちら 

 8年ぶりに日本球界に復帰した楽天・田中将大が17日の日本ハム戦(東京ドーム)に先発も、5回を投げて2本のアーチを浴びて3失点で降板。打線が1得点と沈黙して黒星がついた。13年から続いていたシーズン連勝記録は「28」でストップ。NPB通算100勝は次回登板にお預けとなった。

 被弾した2発はいずれも高めに浮いた直球だった。初回2死一塁で4番・中田翔に左中間スタンドへの2ランを浴びて先制を許すと、2回も石井一成に右翼席にソロ。昨季までプロ4年間で8本塁打の伏兵が振り抜くと、打った瞬間にホームランと分かる打球だった。2回まで3失点と波乱の立ち上がりだったが、3回以降は無失点ときっちり抑えた。2722日ぶりとなる国内公式戦のマウンドで投じた75球を、他球団のスコアラーはどう分析しただろうか。

「さすがだなと思いましたね。2回までに2つのアーチを浴びましたが、3回から変化球中心の投球に切り替えてきっちり抑えた。そもそも開幕前に右ヒラメ筋を損傷して4週間近く実戦から離れているのに、いきなり1軍にぶっつけ本番で投げるのが前代未聞です。手探りで投げながらきっちり試合を作る能力は凄い。8年前のような球の勢いは少しなくなったかもしれませんが、変化球の質がグッと上がってさらに打ちにくくなったイメージがある。13年の田中とは別人だと思って分析した方が良いと思います。手強い相手であることは変わりませんね」

 故障明けの登板であることを考慮しなければいけないし、田中の投球は及第点を与えられる内容だろう。ただ、鮮やかな快投を期待したメディアの間で、この結果に落胆の空気が流れたことは否定できない。

 テレビ朝日は田中の日本復帰登板をテレビ朝日は地上波で午後1時半から、BS朝日で午後2時から緊急生中継した。田中が2本のアーチを浴びると、ネット配信される各メディアの速報で、「田中がまさかの2被弾」、「田中将大期待裏切る復帰戦」の見出しが躍った。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい